歯科X線検査(レントゲン)の放射線被ばくについて

より良い矯正治療のために必要なX線写真

矯正歯科治療では、精密なデータをとるために、頭部X線規格写真(セファログラム)やパノラマX線写真(パントモ)などのレントゲン撮影を行います。
下の図は、日常生活で受ける放射線被ばく量について説明したものです。
歯科治療において、口腔内の限られた範囲を撮影する「デンタルX線」の放射線の量は、1枚あたり約0.01mSv(ミリシーベルト)、上下顎を一度に撮影できるパノラマX線写真では0.03mSv(1回)、歯科用CTは0.1mSv(1回)ととても少ない値なので安全です。

歯科X線撮影と日常生活で受ける被ばく量

日常生活と歯科X線撮影で受ける放射線量1
日常生活と歯科X線撮影で受ける放射線量2
もっと大きい画像をPDFでダウンロード

矯正歯科治療で行うX線検査

■ 正確な診断と、安全な治療、より良い治療結果のために必要不可決な検査
矯正歯科では、顎や歯列の位置を計測するために「頭部X線規格写真(セファログラム)」という、頭部を一定の規格で撮影したX線写真がよく用いられます。
頭部X線規格写真は、一人ひとりの骨格や歯並びに合わせた治療方針を導き、治療の経過を確認するための重要な資料です。 歯科用の専用の機器で撮影するため、パノラマX線やデンタルX線と同様に、とても少ない被ばく量なので、安心して検査を受けましょう。

放射線に関する豆知識

■ 放射線と放射能
「放射線」は光の仲間で、物質を透過する力を持ったものです。放射線の種類によって、透過できる物質や性質が異なります。この放射線を出す能力を「放射能」といい、この能力を持った物質を「放射性物質」といいます。

■ 人体への影響を表す線量の単位「Sv」(シーベルト)
放射線による人体への影響を表す単位を「Sv」(シーベルト)といいます。人体が放射線にさらされることを「被ばく」といい、人体が浴びた放射線の線量を「被ばく線量」といいます。シーベルトは、「ある期間(時間)に被ばくした量の合計」を表す線量の単位です。

■ 放射能を表す単位「ベクレル」(Bq)
放射線を出す「放射性物質」が放射線を出す能力(放射能)を表す単位です。

■ 医療現場の放射線について
医療で診断に使われるX線写真(レントゲン撮影)や、CTスキャンなどの「X線」や、原子力発電所で生まれる放射線のことを「人工放射線」といいます。人工放射線は、太陽や宇宙からくる自然放射線と、性質や人体への影響、放射線の種類は変わりません。
医療現場などで受ける人工放射線の場合は、国際放射線防護委員会(ICRP)によって、人体への影響を心配する必要がない、放射線量の目標値が勧告されています。日本もこれに則った法律が制定されています。




このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る