【Q&A】術前診断とはどんなことを行うのですか? (動画解説)

動画解説 「矯正治療の診断前に行われる代表的な検査」

Q&A:術前診断とはどんなことを行うのですか?
ひろ矯正歯科クリニック 院長 :竹下 寛 (日本矯正歯科学会認定医)

【患者様一人ひとりにあった治療計画を立てるために必要なこと】

患者様一人ひとりの症状にあった治療方法を決めるために、矯正歯科では様々な検査を行います。ここでは、治療前の術前診断のための検査のうち、代表的なものをご紹介します。

1.写真撮影

顔面写真、口腔内写真

・口腔内写真撮影
・顔面写真撮影

顔や歯、口の中の歯が見える状態を把握するために写真撮影をします。治療を開始した後も、歯の動きや顔貌の変化などを観察するために、定期的に撮影を行います。


・頭部X線規格写真撮影(セファログラム)

デジタルレントゲン

頭がい骨、顔の骨全体が撮影できるX線撮影装置で、レントゲン撮影をしたあと、お顔を横から撮影した側頭部の写真をもとに、矯正歯科医が分析します。この分析をセファロ分析といい、矯正治療前の診断のための比重が高い検査の代表です。
セファロ分析からは、顎の骨と歯、頭がい骨と顔面のバランス、お顔のタイプの判定など総合的な症状の分析ができます。


・歯列模型(歯並びの模型)の採取

歯列模型と咬合器

患者様の歯型をとって、歯列模型を作製します。作成した歯列模型から、患者様一人ひとり歯並びや上下のかみ合わせ、奥歯のかみ合わせの状態はズレなどを分析します。


・その他

上記にご紹介した検査のほか、歯周病や虫歯の検査、顎関節診査、CT検査等があります。(患者様の症状や医院によって異なります)

これらの検査結果と、患者様との問診やカウンセリングの内容を総合的に加味して診断をして、治療計画を立てて、患者様に治療方法や診断結果を説明をしていきます。治療計画は担当医によって異なる場合もあります。最終的に、患者様がご納得された医院で治療をはじめることが望ましいです。

院長 : :竹下 寛
資料提供
ひろ矯正歯科クリニック
院長 : :竹下 寛
日本矯正歯科学会認定医

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る