歯並びが悪いとどうなるの?(1)歯並びと虫歯のリスク

歯の健康をまもるための矯正治療

矯正治療の目的のひとつに、歯磨きでブラシが歯の隅々まで行き届きやすい、ムシ歯や歯周病にかかりにくい歯列をつくり、歯の寿命をのばします。

虫歯や歯周病の原因にもなる、歯石や歯垢がたまりやすい不正咬合として、歯が重なり合って凸凹に生えている乱杭歯(らんぐいば)・叢生(そうせい)があります。
下の前歯にガタガタがある場合、上の歯よりも、他の人からは見えないので見た目が気にならず、放置されがちなので、気づかないうちに歯周病が進行している場合があります。

歯科医院に通って、歯磨き指導や治療を受けても歯の健康状態が改善されない場合は、担当医に相談して、矯正歯科治療を検討してみてもよいでしょう。

治療前(叢生)
治療前 歯
治療後
治療後 歯
下の前歯は凸凹に生えていて、歯がお互いに重なりあったりしています。そのために歯ブラシの毛先が当たらないところができて、十分に歯と歯の間を磨くことができません。
その結果として歯と歯の間の歯肉が炎症を起こして出血しています。
これは歯周病のはじまりで、放置すると歯を支える支持組織である骨が吸収して歯を早く失う原因となります。
  治療後は下の歯がきれいなアーチ状に並んで歯と歯の重なりもなくなりました。
この状態ですと小さめの歯ブラシを使えば前の歯の裏側をよく磨くことができます。
歯肉が炎症を起こしたり、歯と歯の間にムシ歯ができたりする心配はなくなります。

※治療結果は個人差があります。



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター