スマイルデザインを考慮した矯正治療とは

矯正治療のもう一つの目的。 キレイな笑顔を目指す治療

矯正治療はガタガタの歯並びや悪いかみ合わせを改善して、審美と機能を回復することでお口の中を健康に導くことを目的としています。
不正咬合(悪い歯並び)をキレイな歯並びに改善すると、お顔の印象も変わるため、「好印象な見た目にしたい」「キレイな歯並びになって、自信のある明るい笑顔になりたい」という、歯並びだけではない治療結果を求める患者さんも多いでしょう。
そのためには、患者さんの顔立ちも考慮した個人個人の特徴を際立てた治療計画を立てることが大切です。

ブラックスペースがある歯並び素敵な笑顔を生み出すために心がけていることの一つに「スマイルデザイン」があります。聞きなれない言葉かも知れませんが、素敵な笑顔のためには欠かせないないことです。

スマイルデザインを考慮せずに行われた矯正治療は、時として口唇と歯のバランスが崩れ、左の写真1のように口角の部分に暗い影をつくってしまいます。この影を「ブラックスペース(バッカルコリダー)と呼びます。

ブラックスペースが少ない歯並びブラックスペースが小さな笑顔は、写真2のようにさわやか印象となります。


※治療効果には個人差があります。

バランスのよい笑顔をつくる矯正治療のために…

なぜこのようなブラックスペースができるのでしょうか。
従来の矯正治療は欧米人に合わせたアーチ(歯列弓)の形を基準に治療をしてきました。
しかし、実は欧米人より顔の幅の大きい日本人にとって基準になっていたアーチの幅は狭すぎたのです。
そのため笑ったときに口角が黒く空いてしまう「ブラックスペース」が大きくできることがありました。
第一の目標、かみ合わせと歯並びを改善することはできましたが、残念ながら正面からの見た目の改善としての観点からはマイナスです。

しかしながら、現状では治療を終えた患者さんで、ブラックスペースが大きい人を多くみかけます。
今後は、歯並びやかみ合わせの改善だけでなく、お顔のバランスや口元の美しさを考慮した
治療計画、即ちスマイルデザインを考慮した矯正治療が望まれます。ブラックスペースを最小限にして美しい笑顔を獲得することを重要に思っている患者さんは、この点を考慮して矯正歯科医院を選ばれると良いでしょう。

スマイルアーク

笑ったときの歯の見え方、美しい基準とは

美しい笑顔の判断基準のひとつにスマイルラインがあります。
右のイラストは美しいといわれているスマイルラインを表示しています。笑ったときに、上の歯の切端が下唇のラインと一致してカーブを表わしているのが望ましいと言われています。
  

美しいスマイルラインの例

治療前   治療後
上顎(治療前) 治療後 上顎(治療後)
初診時、下顎の歯が見えています   上記のイラストのような、キレイなスマイルラインになりました

※歯並びや症状により治療効果・治療結果は異なり個人差があります。

 width=
資料提供
はしば矯正歯科
院長 : 橋場 千織 先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る