応用の効く矯正装置 ―マルチブラケット装置―

マルチブラケット装置とは?

マルチブラケット装置
▲マルチブラケット装置
(ダイレクトボンディング)

マルチブラケット装置は、ブラケットという歯の一つひとつに接着させた小さな装置に通されたワイヤーと歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置です。
ほとんどの症例に対応できますので、多くの矯正歯科医院で使用されています。 従来のマルチブラケット装置では、ブラケットを取りつけたバンドをすべての歯にかける全帯環装置を使用していましたが、現在では、歯科用接着技術の発達により、歯の表面に直接ブラケットを接着させるダイレクトボンディング法が主流で、歯の移動のコントロールがしやすくなりました。
現在では装置の改善が進んで、ブラケットの小型化し、目だたない白や透明のブラケット(審美ブラケット)や、摩擦の少ないブラケット(セルフライゲーションブラケット)なども登場しています。
また、歯の裏側にブラケットをつける「裏側矯正(舌側矯正、リンガルブラケット矯正」もそのひとつです。

マルチブラケット装置のメリット

  • 多くの症例に対応可能
  • ベーシックな装置のため、リーズナブル(表側矯正)
  • 対応できる矯正医が多い(表側矯正)
  • 装置が壊れにくい
  • 摩擦が少ないブラケット、白や透明なブラケット、歯の裏側に装着するブラケットなど、様々なブラケットがあり、症状や見た目から希望の装置を選ぶことができる

マルチブラケット装置のデメリット

  • 表側矯正の場合、目立ちやすい
  • 裏側矯正の場合、慣れるまで発音しにくく、対応できる矯正医がまだ少ない
  • ワイヤーやブラケットの間の歯に、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯肉炎のリスクがある
  • 装着時、一定期間、鈍い痛みや、違和感があったり口内炎ができたりすることがある
  • より良い結果のために、歯科医は多くの矯正治療の経験が必要

※治療効果は、患者様によって個人差があります。




このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター