矯正歯科・審美歯科 スマイルコンセプト

セラミックで歯並びを変えられる?マウスピースで矯正?歯並びを整える治療方法4つ!

歯並びを整える治療方法ってどういうものがあるのかご存知でしょうか?治療方法は大きく4つに分かれています。

(1) ワイヤーやブラケットを使用して歯を矯正する
(2) 薄くて透明なマウスピースを使って歯を矯正する
(3) 歯を削り、セラミックを被せて歯並びを整える
(4) 手術で顎の骨を切って歯並びを整える

今回はこの4つの治療方法や費用について詳しく解説していきます。「歯並びを整えたい!」と、これから考えている方や、興味がある方は参考にしてみてください。

(1)ワイヤーやブラケットを使用して歯を矯正する

この治療方法は、「歯の矯正」と聞いてイメージが浮かびやすいと思います。矯正する歯にブラケットと呼ばれる銀色の矯正器具を装着し、そこへワイヤーを通して矯正します。「小さい頃友達がやっていた」「周りでこの矯正方法をしている方がいた」など矯正していることが分かりやすいため、見かけたことがあるかと思います。

この治療方法は歯の表側で矯正するものと、歯の裏側で矯正するものの二種類があります。

表側矯正

表側矯正

歯の表側にワイヤーとブラケットを装着させて矯正を行います。目立って嫌だという方は、白いワイヤーや、透明なセラミックのブラケットなどの審美的なものを使用することで、目立ちにくくすることが出来ます。目安としての費用は600,000〜1,000,000円前後です。

メリット
・矯正方法のなかでは比較的費用が抑えられる
・裏側矯正に比べて、歯磨きがしやすい

デメリット
・歯の表側にワイヤーとブラケットを装着するため、矯正していることが分かりやすい

裏側矯正

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着し、そこへワイヤーを通し矯正します。歯の裏側で行うので、矯正していることが分かりにくい治療方法です。こちらは表側より少し料金がかかります。目安としての費用は700,000〜1,200,000円前後です。

メリット
・歯の裏側にワイヤーとブラケット装着するので、矯正していることが分かりにくい

デメリット
・食事や発音がしにくかったり、歯磨きがしにくかったりする
・表側矯正よりも費用がかかってしまう傾向がある

ワイヤーだけのこの矯正装置はいったいなに?

ワイヤーだけのこの矯正装置はいったいなに?

画像のようにブラケットは装着せず、ワイヤーだけで歯列を覆っている装置があります。これはリテーナーといいます。リテーナーは歯を移動させる治療が終わり、だいたい歯並びが揃った後に行う、歯の位置を保つための装置です。

「なぜ?歯並び揃ったのに、歯の位置を保つ装置をしなくてはいけないの?」
歯は、一定の力が加わり続けると、その方向へ移動する性質があります。歯がきれいに揃ったとしても再び動いてしまい、歯並びが崩れる可能性はあるので一定期間を保定させます。

(2)薄くて透明なマウスピースを使って矯正する

(2)薄くて透明なマウスピースを使って矯正する

ワイヤーやブラケットを使用せずに矯正を行うマウスピースタイプの矯正装置です。こちらはブラケットを使用する装置と違い、自分で取り外しが可能です。ご飯を食べるときや歯磨きなどの時以外は歯列に取りつけて矯正します。目安としての費用は500,000〜900,000円前後です。

メリット
・透明で薄く、矯正していることが分かりにくい
・他の矯正に比べて、違和感が少ない

デメリット
・自分で取り外しができるので、装着し忘れてしまい、矯正の期間が長引く場合がある
・極端に歯が出ていたり、重度な不正咬合であったりすると適用できない場合がある

(3)歯を削り、セラミックを被せて歯並びを整える

(3)歯を削り、セラミックを被せて歯並びを整える

この治療方法は矯正装置を使用して歯を移動するのではなく、自分自身の歯を削り、セラミックなどで被せ物をして歯並びを整えます。セラミックを被せることで、歯並びを引っ込めたり整えたりしていく方法です。目安としての費用は1本あたり約80,000〜150,000円前後です。

メリット
・歯を移動させないので、短期間で治療が終わる場合が多い
・セラミックを被せるので、歯の色も白くすることができる

デメリット
・重度な不正咬合の場合は適用できない場合がある
・歯を削るので、削った歯に負担がかかってしまう

(4)手術で顎の骨を切って歯並びを整える

外科手術と矯正歯科治療を併用して行う治療方法です。顎の骨が大きく変形している場合(顎変形症)などに適用されます。骨を切り歯列を奥へと下げるため、短期間で改善できる場合があります。

詳しくはこちらの「外科矯正が必要な症状とは」を参考にしてみてください。

歯の矯正は費用が高い!それでも、矯正したい場合はどうしたらいいの?

(4)手術で顎の骨を切って歯並びを整える

矯正歯科治療は見た目の改善を目的とする場合が多く、公的医療保険を適用することが難しいです。そのため自費での治療となることが多く、その場合には費用が高額になってきてしまいます。
「それでも矯正したい!」という方へ、負担がかかりにくい方法をご紹介します。

医院独自のローンやデンタルローンの利用

治療の金額に合わせて、分割で払うことができます。医院独自のローンは利息が付かない場合があるので、クレジットカードで分割するよりも費用を抑えられることがあります。デンタルローンの場合は長期間に設定できるので、利息がつきますが月々の支払い金額を抑えられる場合があります。

医療費控除で費用を抑える

医療費控除をご存知でしょうか?医療費が年間10万円を超えた場合に一部の金額は戻ってくる制度です。矯正歯科治療も医療費控除が適用できる場合があります。

詳しくはこちらの「医療費控除について」を参考にしてみてください。

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生