子供の矯正治療では何をするの?

治療の必要性/ 子供の矯正の特徴/ 歯並び凸凹になる理由/ 凸凹の歯の治療方法と症例写真

治療の必要性


子供の歯並びの相談にいらしたお母さんがよくこうおっしゃいます。
「うちの子は乳歯のときはキレイな歯並びだったのに、アゴが小さくて大人の歯の大きさが大きいから凸凹になってしまったんです。・・・」 果たしてこれは本当なのでしょうか?

当院で治療を受けている患者さん全ての歯の大きさを計測して平均値と比較しておりますが、大きめであることはあっても大きすぎるというケースはそれほどありません。なかには極端に歯が大きな子もいますが、一般的には平均値内もしくは少し大きいくらいであることが多いのです。

しかし、このお母さんのおっしゃっていることはあながち間違いでもなく、アゴの骨が活発に発育する時期よりも前に大人の歯の交換が盛んになってしまうとアゴの骨の中に納まりきらなくなってしまうこともあります。お子さんのお顔の大きさに対して、やけに前歯が大きく見えてしまうことがありませんか!?

これは歯が大きいのではなく、お顔がまだ小さいので前歯が大きく見えてしまうのです。 ですから、歯の交換があまり早くない方が凸凹にはなりにくいのです。「歯の交換は早熟でない方がいい」ということですね。 生まれてから子供は常に成長・発達していますが、身体の場所によって成長の時期のピークが少しづつ違います。 上アゴは頭蓋骨と接していますので脳が沢山発育する第一次成長期に、下アゴの骨は手足の骨と性質が似ているので手足がグッと長くなり背が急激に伸びる第二次成長期に大きくなるのです。ですから、それぞれのアゴが大きくなろうとしている時期に上手くタイミングを合わせて「出っ歯」や「受け口」の治療を開始することが治療効果につながります。
歯並び1 歯並び2
歯並び3 歯並び4
凸凹の歯並びは、見た目が悪いばかりでなく、上下の歯がかみ合っていないことがわかります

子供の矯正治療の特徴

歯の凸凹やかみ合わせを治すことはもちろんですが、上アゴ、下アゴの骨格のバランスを整えることをメインに治療を進めていきます。成長が終わってしまうと骨格のバランスを整えることは出来ず、歯の移動しか出来なくなるからです。
ですから、「受け口」を治すのに効果的なのは上アゴを成長させることが出来る第一次成長期、「出っ歯」を効果的に治すことができるのは第二次成長期が適しています。
これ以外の時期に治せないわけではありませんのでご安心ください。
第二次成長期(背がぐんと大きくなる時期)以前の子供の矯正治療は、主に上、下のアゴの位置のバランスを整えること、これから永久歯に交換していくにあたって凸凹がなるべく出ないようにすること、を中心に行います。大人のアゴになってしまうとアゴの大きさ、位置はほとんど変えることが出来ないので、凸凹やアゴの位置が悪いのを治すのに、歯を抜かなくてはいけなくなってしまうことがあるのです。

歯並びが凸凹になる原因

1)まだ歯が生え変わる時期ではないのに虫歯で乳歯を抜いてしまった。
2)アゴの大きさが発育する前に、永久歯の交換が進んでしまっている。
3)アゴや歯を事故や運動中にぶつけたことがある。
4)欠損歯(歯の本数が足りない)や過剰歯(歯の本数が多い)がある。
5)親知らずが生える時期になって、急に前歯がずれてきた。
6)指しゃぶりや爪を咬む癖、タオルやガーゼを咬む癖をなかなか止める事が出来なかった。
7)下唇を咬む癖がある。
8)舌を歯で弄ぶ(弄舌癖:ろうぜつへき)ことや、舌を前に出していることが多く発音が悪い(舌突出癖)。
悪習癖1
唇を噛む癖
悪習癖2
つめを噛む癖によってギザギザに…
上記以外にも他に歯並びが悪くなる要因はありますが、注目していただきたいのは6)〜8)の癖に起因している患者さんが非常に多く見られることです。もちろん、1 のように乳歯を早く抜いてしまったりすれば、当然歯並びは悪くなりますが、最近では学校の検診できちんとチェックしていますし、ご家庭でお子さんの歯磨きのチェックや食生活の管理をしていただいている成果によって大きな虫歯を持っている子供はあまり見かけることがありません。

凸凹の歯の治療方法

A:歯列の幅が狭い場合
舌の位置などによって正常な歯列の発育がなされずに、横幅が狭くなり、前歯が出っぱってしまうことがあります。簡単な方法で舌の位置を改善しながら、歯列の正しい発育を促していきます。
B:歯列の幅に問題がなく凸凹がある場合
取り外し可能な装置を使ったり(図1)、奥歯に固定するシンプルな装置(図2)を使って歯並びを整えていきます。
一時的に前歯に針金の装置を使用することもあります。
取り外し可能な装置1取り外し可能な装置2図1 
取り外し可能な装置を寝る時にお口にはめて、隙間を閉じたり凸凹を治します。>
奥歯に固定するワイヤーの装置図2 
奥歯に固定するワイヤーの装置にバネをつけて簡単な歯の移動をします
術前 術後
前歯の隙間がなくなり、1番目と2番目の歯のステップもなくなりました

凸凹の歯並びを治療した例

取り外すことのできる装置や、歯の裏側に装着する簡単なものを使用します。大人の装置に比べ取り扱いが簡単で歯磨きに影響しにくいものですが、積極的に凸凹を治すことには適していません。
チンキャップ
▲チンキャップ
上顎前方索引装置
▲上顎前方索引装置
ヘッド・ギア
▲ヘッド・ギア
治療前
取り外すことができる装置(治療前・上顎)
取り外すことができる装置(治療前・正面)
治療後
取り外すことができる装置(治療後・上顎)
取り外すことができる装置(治療後・正面)
取り外すことができる装置
治療前
固定式の装置(術前・上顎)
固定式の装置(術前・正面)
治療後
固定式の装置(術後・上顎)
固定式の装置(術後・正面)
固定式の装置
奥歯をずらして、八重歯のスペースを作る(術前)
→ 奥歯をずらして、八重歯のスペースを作る(術後)
奥歯をずらして、八重歯のスペースを作ります
  上顎側方(Wタイプ)拡大装置
?
上顎側方(Wタイプ)拡大装置
虫歯で早い時期に歯を抜いてしまったり、小さい頃からの癖(舌を出す、爪を咬む、指しゃぶり、口をポカンと開いている・・・など)が大きく歯並びに影響します。 見逃さずにチェックをしてあげることが必要です。
また矯正治療は6,7歳くらいから可能になります。当院では1〜5歳の小さなお子様でも、おうちの方が将来の咬み合わせを心配されて定期的にチェックすることもあります。
お子様の咬み合わせについてご心配されているお父様、お母様は気軽に専門医にご相談されることをおすすめいたします。
?
三浦 弘貴先生
資料提供
三浦矯正歯科
院長:三浦 弘貴先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス