お子様の矯正治療(小児矯正)

永久歯がはえ始める6、7歳で予防的に矯正治療を始める事があります。
どのような場合に行うかというと、成長発育に問題をきたしそうな場合や、後からはえてくる永久歯に悪影響が起こる場合、はえてきた永久歯の位置が極度に悪い場合、また、小児の適切な時期に治療することで、永久歯の矯正治療が必要なくなる可能性が高い場合、将来歯を抜かないで治療できる場合です。

■成長発育に問題をきたしそうな場合とは・・・。
・受け口
・極度の出っ歯
・顎を左右どちらかにずらして咬む
・咬んだ時に前歯がまったくあたらない(開咬)  等

抜歯の必要性1

早期に治療を開始する事で、抜歯をせずに矯正治療を行う可能性を高められるケースもあります。この場合親知らず以外の歯は抜かずに治療することが可能です。

「抜歯をする」「抜歯をしない」というのは、「治療のゴールをどこにおくか」という事も重要になります。各々のメリット、デメリットの説明を受け、納得されたうえで治療をされることをお勧めいたします。

子供の矯正治療例 1 (反対咬合)

子供の矯正治療上の前歯が永久歯に交換した状態で、反対に咬んでいる場合には、自然に治る事はありません。
又、10歳位までは上顎が旺盛に成長する時期で、この状態では上顎の成長が抑えこまれてしまう事があります。
そこで、矯正装置を、前歯につけ治療を開始することになりました。
子供の矯正治療治療完了です。
反対咬合は、治りました。治療期間は6ヶ月でした。
この後は、数ヶ月に1度、永久歯がはえ揃うのを経過観察していきます。

子供の矯正治療例 2 (開咬)

子供の矯正治療子供の矯正治療 まだ、乳歯が多数歯残っていて、全体的な矯正治療はできません。そこで裏側にFenceと呼ばれる装置のみで、開咬を治しています。
子供の矯正治療 開咬が解消されました。

子供の矯正治療例 3 (萌出遅延)

子供の矯正治療左上の前歯が歯肉に埋まったケースです。
子供の矯正治療埋まっていた前歯を外科的に露出させました。
子供の矯正治療矯正装置を装着し、正しい位置へと移動させます。
子供の矯正治療前歯が正しい位置に移動してきました。

子供の矯正治療例 4 (開咬)

子供の矯正治療開咬といった状態で、咬んだ状態でも、前歯が咬みません。
物をのみ込む時、前歯が咬んでいる人は、上の前歯のつけ根の部分に舌の先をつけて飲み込みます。1日に1.000〜2.000回行なう動作です。しかし、開咬といった状態の患者様は、舌を開いている前歯の間につっこむ様に物を飲みます。こうしないと、口の中を陰圧にできないので物を飲めないのです。この動作の為、歯は咬もうとしても自然には咬んできません。また、この舌を前に出すくせは、かみ合わせを治さなければ治りません。
そこで、矯正治療により機械的に歯並びを治す事になります。ただ、この患者様は乳歯が多数あるので全体矯正が出来ませんので、歯の裏側にFenceと呼ばれる装置を付けこれにより、いくらか舌が前に出る圧力を押さえる事にしました。
子供の矯正治療Fenceにより、舌が前に出る圧力がいくらか押さえられて少し咬むようになってきました。
このあたりから全て永久歯となりましたので、全体的に矯正装置を入れ、本格的に治療を開始する事になりました。
子供の矯正治療治療が終わり、開咬状態であった前歯や全体のデコボコが解消され、すばらしい咬み合わせになりました。
治療説明をしてくださったのはKAZ矯正歯科の院長高橋和明先生です。
資料提供
KAZ矯正歯科
院長:高橋 和明先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス