小児矯正の開始時期

子供の矯正(小児矯正)っていつから始めたらいいの?

イメージ写真子どもの矯正(小児矯正)は、ヨーロッパをはじめ欧米では古くから取り入れられている治療方法です。
小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)と歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療です。
とくに1期治療は、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子さまだからこそできる治療です。
このことでなるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もありますし、多くの場合、部分的な歯列矯正で済んでいます。
もちろん、すべての歯並びの問題が小児矯正の適応ではありません。永久歯が生えそろってから、成長が止まってから治療した方がいい場合もあります。

小児矯正の治療時期の目安

小児矯正治療では、骨格を矯正する1期治療と歯並びを調整する2期治療に分かれます。
お子さんの歯並びや、噛み合わせなどによって小児矯正専門医が治療計画を立てます。
1期治療(骨格矯正)・・・3歳〜12歳
2期治療(歯列矯正)・・・10歳〜成人

1期治療(骨格矯正)について

1期では、受け口(反対咬合)や出っ歯(上顎前突)など、骨格が原因となる症状は、骨が柔らかい年齢から開始します。上下の顎のバランスを改善する装置(ムーシールド、バイオネーター、フェイスマスクなど)を使用し、上下の顎のバランスを正しい状態にします。

また、顎が小さく歯の生えるスペースが不足しているケースでは、そのまま放っておくと叢生(八重歯などの乱ぐい歯)になってしまいます。顎を拡大する装置(取り外し式のプレート装置)を使うことで永久歯がきれいに並ぶスペースを確保します。

低年齢の反対咬合

低年齢の反対咬合は、夜間に使用するマウスピース型装置で治療します。
反対咬合治療前
治療前
反対咬合治療中/ムーシールド装着中
治療中
ムーシールド装着中
反対咬合治療後
治療後

重症または高年齢の反対咬合

重症反対咬合治療前
治療前
重症反対咬合治療中/フェイスマスク装着中
治療中
フェイスマスク装着中
重症反対咬合治療中/口腔内フック装着中
治療中
口腔内フック装着中
重症反対咬合治療後年齢が高かったり、骨格のアンバランスが大きい反対咬合では、
夜間に使用するフェイスマスク型装置で治療します。

叢生

あごの骨が小さくて歯が並ばない場合は、取り外し式のプレート装置にてあごの骨を拡大します。
叢生治療装置前
治療前
叢生治療装置中/拡大床
治療中:拡大床
叢生治療装置後
治療後

叢生

上の歯が前に出ている(上顎前突)の場合は、ブロックタイプの装置であごのバランスを整えます。
上顎前突治療前
治療前
上顎前突治療中/バイオネーター 装着中
治療中
バイオネーター 装着中
上顎前突治療後
治療後

2期治療(歯列矯正)について

歯並びをきれいに整えるため、ワイヤーによる矯正治療を行います。1期治療で永久歯の萌出誘導がうまくすんだ場合は、2期治療そのものが不要になるケースもあります。
矯正治療の終了後は、保定装置(リテーナー)により後戻りを防止します。
資料提供
キッズデンタル
小児矯正医:坂部 留可先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
横浜駅前歯科・矯正歯科