『お子さんのあご』ちゃんと成長していますか?

あごの成長について

 width=

歯並びだけでなくあごの成長もチェックしましょう

お子様の歯並びと、あごの成長はとても関連が深いです。
それはなぜでしょうか?

人の歯は、あごの骨の上に並んでいます。
歯が並ぶ土台となるあごの幅や形によって、歯並びやかみ合わせが大きく影響をうけることがあります。
歯は大人になった後でも、矯正装置である程度の範囲で移動させることができますが、
あごの骨の場合、成長が終わったら、変形したり、移動することはできません。

ですから、成長期でまだ、医療によってあごの成長がコントロールできるお子様のときに、あごが適切に成長しいるか診察をして、
必要に応じて、専門の歯科医のもと治療をうけて正しい方向に導かせることがとても大事です。

成長が終わったあと、あごの骨の変形や大きさの異常が原因でかみ合わせや歯並びが悪くなっている場合、
あごの骨と切ったり削って治療する「骨切り術」といった外科処置の併用が必要なケースもありんます。

ですから、将来の治療の負担をより少なくするために、お子さんがちいさいころから、あごの成長が適切かどうか注意してみてあげてください。

上あごと下あごの成長の違い

あごがきちんと成長しているかどうか判断するポイントは、上あごと下あごのバランスです。上のアゴと下のアゴは大きくなる時期が異なるため、うまく両あごの成長のバランスがとれないこともあるのです。
まず上顎は先に成長し、そのあと身体の成長とともに下顎が成長してきます。
このため「最近、下あごが出てきて受け口になってきている」「下あごが成長していないようで、上顎ばっかり出っ歯のようにとびでてる」といった、傾向がみられた場合は、矯正歯科医院にまずは相談することをおすすめいたします。

癖によるあごの成長への悪影響

指しゃぶりや、ずっとお口をあけたままにいることが多いお子様、頬杖や悪い姿勢でいることが多いお子様など、癖によっては後天的にあごの成長に悪い影響を与える場合があります。
また、発音が不良、良く噛めなさそうで食事が遅い、歯がなかなか生えてこないといった、お口や歯、口腔周辺のトラブルや悩みがある場合も、適切にあごが成長していなかったり、将来歯並びにわるい影響を及ぼすこともあるので、一度小児歯科、矯正歯科に相談されるとよいでしょう。

早期発見、早期治療のメリット

早期に発見ができれば、適切な方向へ成長をコントロールする治療や、悪い癖を改善する治療などを、治療方法がございます。
その結果、永久歯が適切に生えやすくなったり、歯並びがわるくなったとしても、抜歯を行わずに治療できる可能性がひろくなります。
資料提供
矯正歯科ネット

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生