【小児矯正】出っ歯(上顎前突)の矯正治療について

お子さんの出っ歯(上顎)の矯正治療

乳歯から永久歯にはえかわるには、十分なスペースが必要になります。
乳歯列や混合歯列期(乳歯と永久歯が混じった時期)にガタガタがあったり八重歯がある場合、程度にもよりますが、何もしないでそのまま永久歯にはえ変わると、約70%の方が永久歯の抜歯を伴う矯正へ以降してしまいます。
逆に小児期の時期に取り外し式装置を使用し、顎の成長を利用して永久歯のスペースを確保することにより、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。

ガタガタや八重歯の状態のままですと、清掃性も悪く虫歯のリスクが高まります。特に永久歯は、はえたばかりは幼弱で虫歯になりやすい時期でもあります。
小児期にガタガタをほどいてあげることは、将来的に永久歯のスペースを確保するだけでなく、間接的に虫歯のリスクも減らすことにもつながります。

小児期のガタガタの歯の場合、主に取り外し式のプレートタイプという簡単な装置を使用します。1週間に約0.2ミリほど顎を広げて永久歯のスペースを作ります。少しずつ緩徐に広げていくため、少し装置のきつさ等ありますが痛みなど気になりません。
また、装置を裏側に装着し表から見えなくする方法もあります。

出っ歯(上顎前突)の矯正の症例

初診時   治療後
出っ歯(上顎前突) 初診時 出っ歯(上顎前突) 治療後
出っ歯(上顎前突) 初診時 出っ歯(上顎前突) 治療後

子供のうちに矯正治療をすることにより永久歯を抜くことなく非抜歯で治療をすることが出来ました。成長期であったため、上下の顎の成長のバランスも整えることができ、また効果的に上の奥歯を後ろに動かす事が出来ました。
歯並びだけでなく口元も含めたお顔立ちもきれいになりました。


※治療結果は症状により個人差があります。
資料提供
ひらの矯正歯科
院長 : 平野 正芳
(日本矯正歯科学会 認定医)

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
リボン歯科・矯正歯科