拡大装置を使用した小児矯正のメリット

子供

お子様の矯正治療は、主に乳歯から永久歯に生えかわる時期(混合歯列期)に行われます。顎の骨がまだ成長している時期のため、装置を使って成長をコントロールして、歯がきれいに並びやすくするだけでなく、正常な噛み合わせに導くことが可能です。ここでは、小児矯正で期待できることについてご紹介します。

拡大装置を使用した小児矯正のメリット

子供の拡大装置
▲ 拡大装置

拡大装置の目的

顎の幅が狭いことが原因で、ガタガタの歯並びになったり、出っ歯になったりする場合があります。
小児矯正では、永久歯がキレイに生えるように、拡大装置で顎の幅を広げる治療を行うことがあります。

顎の幅が狭いお子様の中には、鼻の中の気道が細い子がいます。鼻の中が狭いと、鼻水の量が少し増えただけで鼻づまりになってしまったり、呼吸をするためのエネルギーがより必要になったりします。

無意識の呼吸、意識して呼吸する場合を比較すると、無意識で呼吸をしている方が集中力が持続しやすいという先生もいます。意識することなく、十分に鼻で呼吸できる状態が望ましいですね。

矯正治療の際に、歯が並びやすいように拡大装置で歯列をたった数ミリ広げることで、鼻の中の気道も広くなり、様々な所でお子様の健康に寄与する可能性があります。

拡大装置ができる年齢

拡大装置は、上あごの左側と右側の継ぎ目(正中口蓋縫合)がまだくっついていない時期を利用する方法です。小児の時期に治療を行えば、痛みをあまり感じずに、上あご中央部を広げることができます。大人になると上あごの左右がくっついてしまうため、顎を拡大する治療は難しくなります。

※患者様の症状や歯科医の見解によって異なる場合があります。

小児矯正の留意点について

小児矯正は、乳歯の生えている早い時期から矯正治療を行うことで、顎の成長を誘導しながら治療を進めていきます。第二期治療が必要になる場合は、矯正期間が長くなります。治療方針診断内容をしっかり確認しましょう。

横谷浩爾院長先生
資料提供
青山外苑矯正歯科
院長 : 横谷 浩爾先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る