開咬(オープンバイト)

開咬 [かいこう] とは

■奥歯をかみしめても、前歯の上下の歯に隙間があいている症状

開咬[かいこう]は、あごを閉じて咬み合わせても、上下の歯にすき間ができて、咬み合わない状態のことをいいます (別名:オープンバイト - open bite -)。通常、開咬は前歯に多くみられますが、横側の側方歯にもみられる場合があります。

開咬の主な原因には、「(1)遺伝的なケース」や、「(2)指しゃぶりや舌を出す癖、舌を噛む癖などの習癖によって上下の歯の隙間が押し広げられてしまうケース」などがあります。

主な治療方法は、年齢は症状によって個人差はありますが、舌や唇の癖がないかを確認したあと、舌を抑える柵のような装置「タンクガード」の装着したり、MFT(筋機能トレーニング)を行って、舌の正しい位置や正しい使い方を習得したりして、開咬の原因となる癖を是正をしながら、矯正治療を行います。

開咬の症例写真

■ CASE1:小児(お子様)の症例

治療前   治療後
小児矯正 開咬治療前 → 小児矯正 開咬治療後
 ▲ 奥歯は咬んでも前歯が咬みません    ▲ 前歯がしっかり咬みあいました
顔貌 治療前 → 顔貌 治療後

■ CASE2:成人(永久歯が生えそろった方)の症例

治療前   治療後
成人矯正 開咬治療前 → 成人矯正 開咬治療後
 ▲ 前歯から犬歯まで隙間があります    ▲ 上下の隙間が改善されました
顔貌 治療前 → 顔貌 治療後
上田院長
資料提供
うえだ矯正歯科
院長 : 上田 昌利
(日本矯正歯科学会 認定医 / 日本成人矯正歯科学会 認定医)

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
横浜駅前歯科・矯正歯科