あなたはどのタイプですか? - 不正咬合(悪い歯並び)の種類

不正咬合[ふせいこうごう]とは

不正咬合は、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことをいいます。
歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目だけでなく、ガタガタに並んだ歯並びのために、歯ブラシが歯のすみずみまで届きにくく、虫歯や歯周病の原因になりやすいです。

不正咬合はいくつかの種類に分類することができます。

  • 出っぱで笑うと歯茎が出すぎるのが気になる、上顎前突[じょうがくぜんとつ]。
  • 奥歯でしっかり噛んでいるのに、正面からみると上下の歯の間が開いてる、開咬 [かいこう]。

など、 いろいろな種類があります。
また、治療法も不正咬合の種類や患者さんの希望によってさまざまなものがあります。

これから矯正治療をお考えのあなたはどのタイプに入るでしょうか?
まずは、自分の歯並びのタイプを知りましょう。

叢生[そうせい]乱ぐい歯、八重歯、でこぼこの歯並び

叢生[そうせい]叢生[そうせい]とはあごの大きさに比べて、歯が大きいことが原因で、歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。

歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言えます。

上顎前突[じょうがくぜんとつ]いわゆる出っぱ、口が閉じにくい

上顎前突[じょうがくぜんとつ]上顎前突[じょうがくぜんとつ]とは、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あごの歯全体が前に出ていたりする状態をいいます。

前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、また、指しゃぶりなどの癖も原因となります。

下顎前突[かがくぜんとつ] 受け口、上の歯より下の歯が前にでて顎が出て見える

下顎前突[かがくぜんとつ]下顎前突[かがくぜんとつ]とは、下の歯が上の歯より前に出ている状態をいいます。

奥歯に虫歯ができやすかったり、「サ」行や「タ」行などの発音がしにくい場合があります。

開咬 [かいこう]…上下の前歯に隙間ができて前歯で食べ物が噛みきれない

開咬 [かいこう]開咬[かいこう]とは、前歯が開いてしまい、歯が上下で噛み合わない状態をいいます。

前歯が開いているので、物を噛み切ることができません。
子どものころの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因ともなります。

過蓋咬合[かがいこうごう]…上下の歯が重なりすぎて片顎の歯が見えない

過蓋咬合[かがいこうごう]過蓋咬合[かがいこうごう]とは、上の歯と下の歯の重なりが深い状態の歯並びをいいます。写真のように、下の前歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態をいいます。

深く噛みこんだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかって、歯が摩耗しやすいです。

空隙歯列[くうげきしれつ]…すきっ歯、食べ物が歯の間に挟まりやすい

空隙歯列[くうげきしれつ]空隙歯列[くうげきしれつ]とは、あごの大きさに比べ歯が小さかったり、歯の数が少なかっために、隙間だらけになっている歯並びをいいます。
歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ