矯正治療で改善できること

矯正治療の目的は見た目の改善だけでなく、機能的な改善も含みます


口の中の健康は、虫歯を防ぐことや、虫歯を治すことだけではありません。良好なかみ合わせと整った歯並びも歯の健康にとって大切なことです。
矯正治療は見た目を良くするだけでなく、機能的な問題(かみ砕く能率、顎の運動)を改善させたり、歯そのものの健康にも関わっています。
歯並びの乱れや悪いかみ合わせのままでは、かみ砕く力(咀嚼力)が落ちて、消化器官に負担がかかったり、歯のすみずみまでハブラシが届きにくいことから虫歯や歯肉炎になりやすいリスクがあります。

■矯正治療で改善させる3つのポイント

  • 1.歯列(歯並び)
  • 2.咬合(かみ合わせ)
  • 3.側貌(プロファイル)

1.歯列(歯並び)

叢生歯並びの不正を治療します。
矯正治療は「歯並びをキレイにする」、「歯の凸凹やすきっ歯を治す」といった、見た目だけの歯並びを整えるだけではありません。上下の顎の骨と噛み合わせの状態、頭がい骨とお顔のバランスなど、総合的な症状の分析をして、一人ひとりの患者様にあった治療を行います。
2.咬合(かみ合わせ)
叢生上下の歯のかみ合わせを改善させることも、矯正治療の大切なポイントです。
咬み合わせが悪いと、食べ物を細かく噛めなかったり(咀嚼)、顎の発育に好ましくない影響を与えたりする場合があります。良いかみ合わせとは、上下の歯が正常にかみ合っているだけではなく、かみ合わせたときに、顎の関節の位置が安定した状態になっていることです。
3.側貌(プロファイル)
叢生側貌(プロファイル)とは、横顔の見た目のことです。例えば、出っぱ(上顎前突)の場合、側貌を見ると口元が出っぱっていたり、上の前歯と下の前歯の間に下唇が入り込んでいることがあります。受け口では、舌唇が突き出ていたり、目くれて見えます。矯正治療で歯並びが改善されることで、横顔自体にも変化が起き、見た目のバランスが改善されます。 (※個人差があります。)

【治療例】 治療写真(上2本、下2本の小臼歯を抜歯して治療した例)

日本人の顎は奥行きがなく、歯の大きさと顎の大きさのバランスがとれていない方が多いので、歯並びがでこぼこになったり、前歯が突出しやすい傾向があります。
下記の症例は、凸凹の歯並びの患者様の小臼歯を4本減らして、歯を並べなおして治療した例です。
治療後の変化
※治療結果は、患者様によって個人差があります。

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター