歯列矯正の仕組み 〜歯が動くときの歯周組織の変化について〜

組織学から考える「歯列矯正の仕組み」


矯正治療で歯を動かすとき、体の中ではどのような事が起きているのでしょうか?
はじめに歯の周りの組織について説明します。

歯は顎の骨(歯槽骨[しそうこつ])から生えています。
歯の根の部分(歯根[しこん])と歯槽骨の間には歯根膜[しこんまく]とよばれる繊維状の組織が存在します。
この歯根膜は、物を咬んだ時にその硬さなどを感知する圧力センサーとしての機能も持っており、咬む強さ等を自動的にコントロールする大事な役目を果たしています。

■歯に矯正力がかかった時の歯の組織の変化

下のイラストは歯が動く時の組織の変化を説明したものです。
歯が動く仕組み

歯に矯正力が加わると片側の歯根膜は伸び、反対側の歯根膜は圧縮されます。そうすると歯槽骨の表面に変化が起きます。
伸びた歯根膜の先の歯槽骨面上では骨芽細胞と呼ばれる骨の元になる細胞が現れ、 歯槽骨を新しく造っていきます。
圧縮された歯根膜の歯槽骨面上では破骨細胞と呼ばれる骨を溶かす細胞が現れ 歯槽骨を吸収していきます。

■矯正治療の治療期間が長い理由

骨形成と骨吸収による変化は自然の状態でも成長に伴っておこなわれています。
骨吸収により古くなった骨が壊れる一方で新しく骨が作られる骨形成を繰り返して新陳代謝を行っています。矯正治療はこの作用を活かしたもので、歯に矯正力をかけることにより部分的に変化を与えて骨形成と骨吸収を起こして徐々に歯槽骨の中の歯を移動させるものです。

歯を動かすには適正な矯正力というものがあるため、強い力をかけたから歯が早く動くというものではありません。 強い力がかかると歯根膜に変性組織が生じたり、歯槽骨が溶ける「歯根吸収」をおこすといった障害がおきることがあります。
患者様の中には早く動かしてほしいと希望される方もいらっしゃいますが、上記にご説明したことをお話し、ご理解をいただいております。
適正な力で組織変化をおこして歯を動かしていくことが望ましいのです。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る