歯並びの種類と治療の特徴

叢生(そうせい)

叢生とは、歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言い、あごの大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。
治療前(叢生) 治療後(叢生)

治療方法
成人の場合、成長期のお子さんよりあごの骨を広げることが難しいため、抜歯することによってスペースをつくり治療することが多くなります。
抜歯をしなくても治療自体は行なうことができますが、検査の結果次第では難しい場合もあります。お子さん(乳歯がまだ生えている6歳〜10歳)であれば成長力を利用してあごを広げることによって治療することが可能です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あごの歯全体が前に出ていたりする状態を言い、俗称で「出っぱ」と言われます。前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因と言われています。
治療前(上顎前突) 治療後(上顎前突)
治療方法
成人の場合あごの成長が期待できないことと口元をきれいにすることを考慮すると、抜歯による治療が多くなってしまいます。
お子さん(乳歯がまだ生えている6歳〜12歳)の場合、成長力を利用し上あごの成長を抑制したり、下あごの成長を促進させることも可能なため、抜歯をせずに治療が行なうことができる場合が多くなります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突とは、上の前歯も下の前歯も前に倒れている状態を言います。口元が突出しているような状態や、口が閉じにくい方がこの状態になっていることが多いです。
治療前(上下顎前突) 治療後(上下顎前突)
治療方法
成人の場合あごの成長が期待できないことと口元をきれいにすることを考慮すると、抜歯による治療が多くなってしまいます。
お子さん(乳歯がまだ生えている6歳〜10歳)の場合、成長力を利用しあごを広げることによって、前歯をきれいな位置に戻す隙間を作ることができれば、抜歯をせずに治療ができますが、治療時期が遅れることで抜歯の治療になってしまうことがあります。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合とは、下の歯が上の歯より前に出ている状態を言い、俗称で「受け口」などと言われます。下あごが出ているための受け口または、上あごが下がっている(上あごの成長が悪い)ための受け口、悪い癖(爪かみ、アゴを突き出すなど)によって下の歯が出てしまった受け口など色々な状態があります。
治療前(反対咬合) 治療後(反対咬合)
治療方法
成人の場合あごの成長が期待できないことと口元をきれいにすることを考慮すると、抜歯または、手術を併用した矯正治療による治療が多くなってしまいます。
お子さん(乳歯がまだ生えている6歳〜12歳)の場合、成長力を利用し下あごの成長を抑制したり、上あごの成長を促進させる(5歳〜9歳)ことも可能なため、抜歯をせずに治療が行なえる場合が多くなります。しかし、あごの成長が止まるまで安心はできません。上あごの成長は10歳頃で止まってしまい、その後下あごの成長は、身長の伸びるのが止まるまで続きます。その間治療を続ける必要はありませんが、定期観察によって管理していくことが重要となります。

側方開咬(そくほうかいこう)

前歯が噛めない状態になっているものを前歯部開咬と言い、横の歯が噛めない状態になっているのを側方開咬と言います。下の写真は側方開咬です。どちらの開咬も治療としては、非常に難しくとにかく早く治療をはじめることが大切です。
治療前(側方開咬) 治療後(側方開咬)
治療方法
抜歯や手術になってしまうことが非常に多い状態です。
お子さんの場合には、この状態になった原因を排除することが大切で多くの場合、舌を突き出す癖(しゃべるとき、物を飲み込むとき)があり、そのため前歯や横の歯が噛めない状態になっています。

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

やまぐち矯正歯科クリニック
資料提供
やまぐち矯正歯科クリニック
院長:山口 大輔先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック