矯正歯科治療のリスクと注意点

矯正治療をはじめる前に…

イラスと矯正治療をはじめる前に、矯正治療中に起こる可能性があるリスクや、矯正治療における治療効果や治療結果について説明します。
リスクや治療中の注意点を確認し、担当医の説明に納得された上で治療をはじめましょう。

1.虫歯(う蝕)歯周炎・歯肉炎

矯正治療を開始する前に、虫歯や歯周病を治療します(矯正歯科医院で行う場合と別の歯科医院で治療する場合があります)。しかし矯正治療中、矯正装置の周りなど、ブラッシング(歯磨き)しにくい部分ができるため、虫歯や歯周炎のリスクが高くなります。
間食を押さえたり、医院で矯正治療中に合ったブラッシング指導を受けて、毎日丁寧なブラッシングを行って、歯を清潔にしてリスクを抑えましょう。
また、歯科医院の特殊な器材で歯をクリーニングするPMTCや、フッ素塗布など、歯科医院で定期的にケアすることも有効です。

2.歯根吸収 [しこんきゅうしゅう]

矯正力が強すぎると、歯の根が短くなる「歯根吸収」が起こるリスクが高くなります。また、歯を動かす場合、歯根部と歯冠部(歯の上)の移動量が同じ「歯体移動」よりも、歯根部よりも歯冠部を大きく動かす「傾斜移動」のほうが、吸収を起こしやすいといわれています。

3.治療期間の延長

歯や骨の状態や、歯の動きを妨げる癖があった場合など、患者様によって治療計画で提示された期間よりも治療期間が長くなる場合があります。
<治療期間が延びる例>
  • 虫歯や歯周炎の発生
    一旦、装置を取り外して歯科医院で治療をする場合もあります。
  • 患者様の協力不足
    取り外しできる矯正装置や補助装置の装着時間を守っていなかったり、定期的な来院ができなかった場合など。
  • 特殊な噛み合わせ、骨の固さ、歯のかたちの場合。
  • 顎の骨の成長発育の量や方向が初期の判断と異なった場合(小児矯正)
  • 舌で歯を押す癖や、歯並びに悪影響をあたえる癖が改善されない場合

4.後戻り [あともどり]

矯正治療で歯を動かして歯並びを整えることを「動的治療」といいます。「動的治療」を終えて歯並びが改善されても、まだ歯が元の位置に戻ろうとする傾向があるため、一定期間動かした歯を適切な位置にとどめておく「保定」が必要です。
歯の位置が安定するまでの保定期間には個人差があるので、治療後も担当医の指示を守りましょう。

5.治療中の痛み(知覚過敏・歯髄炎) [ちかくかびん・しずいえん]

マルチブラケット矯正装置などを装着した直後や、ワイヤーを交換した直後痛みをかんじることがありますが、数日でおさまる場合が多いです。また、冷たいものを飲んだときにしみる「知覚過敏」があらわれる場合がありますが、数日で改善されます。一か月以上の長期間痛む場合は、担当医に相談しましょう。

6.皮膚の炎症・アレルギー

矯正装置には、さまざまな金属素材が使用されています。金属アレルギーの不安がある方は、皮膚科等で行われているパッチテストをうけ、アレルギーが起こる金属材料を特定し、担当医に伝えましょう。万が一、お口のなかに矯正装置を装着したあとに、皮膚や口腔粘膜にアレルギー症状が起きた場合は、速やかに担当医に伝えましょう。

7.歯肉退縮 [しにくたいしゅく]

歯肉退縮は、歯ぐきが下がることです。誤った歯磨き方法で歯ぐきが傷ついたり、歯周病などが原因で起こります。歯根が露出するほど歯茎がさがった場合、歯根部に虫歯が起こりやすくなります。矯正治療でも歯を動かすことで、歯肉が下がる場合があります。特に切歯(せっし:上下前歯各4本)、歯の凸凹が大きい患者様の治療に起こる場合があります。
下がった歯肉を改善するには、歯肉移植が必要です。

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る