【子どもの矯正】 7〜10歳の矯正治療

お子さんの歯並びをチェックしてもらいたい年代

この時期、歯並びに気になることがあれば一度矯正歯科に相談しましょう。

子どもの矯正

永久歯の前歯と奥歯がはえそろってくる7才くらいからが矯正治療のスタートに最適な時期と言われています。
この時期に、お子さんの歯並びやお口の中のことで何か気になる点がある場合や、学校の歯科検診で指摘されたということがございましたら、まずは矯正歯科専門医院に相談してみることをおすすめいたします。
一度相談や検査を受けることで、将来的に矯正治療が必要かどうかもわかりますし、すぐに矯正治療を始める必要があるかどうかもわかります。

[7〜10歳]お子さんの矯正治療の目的とは

この時期の矯正治療の目的とは
  • 前歯のでこぼこやすきっ歯の改善
  • これから生えてくる犬歯、小臼歯のためのすきま作りをしていく
  • 上あご、下あごの骨格的なバランスを整え、正しいあごの成長を促す
―などが考えられます。この中で、この時期にしか出来ないことはあごの成長をコントロールして骨格的なバランスを整え、正しいあごの成長を促すことです。

矯正治療開始のベストな時期とは?

あごの成長の時期は上あご、下あごで異なりますので、どの時期がお子さまにとってベストな開始時期かは、「出っ歯」や「受け口」などのお子さまのあごの成長の状態やでこぼこの状態によって異なります。矯正歯科医院では精密検査で頭部のレントゲン写真を撮影し、分析した結果から、お子さまの成長発育のタイミングをみて最も効果的な時期に治療を開始しております。治療内容によりますが、治療期間はおおよそ1年〜1年半です。

精密検査の結果、すぐに矯正治療を始める必要のないお子様もいらっしゃいます。こうしたお子さまは半年に一度くらいの間隔で来院していただき、大人の歯への生えかわりの状況、顎の成長を確認し、むし歯チェックや歯のクリーニング、フッ素をぬることを併せて行っていきます。そしてお子様にとって、ベストな矯正治療の開始時期をみきわめ、逃さずに矯正治療をスタートしていきます。


矯正歯科の検査

矯正歯科医院では、正確な診断を行うために、むし歯の治療などでも用いられるパノラマX線写真のほかに、頭部X線規格写真(セファロ)と呼ばれるレントゲン写真を撮影します。このレントゲン写真により、上あごと下あごの相互の位置関係、前歯の位置や傾きおよび奥歯との距離などを計測・分析し、お顔の形態を正確に把握することができます。


※治療内容、治療方針は医院や症状によって異なる場合があります。

お子さんの矯正Q&A 「すべての歯が永久歯にかわってからでは遅い?」

Q: 子どもの矯正では、あごの成長が終わっていない時期、まだ永久歯に生えそろっていない頃が適しているといわれていますが、すべての歯が永久歯に代わってから治療するのは手遅れですか?

A: もちろんすべて永久歯に生え換わってからでも矯正治療は問題なく行うことができます。 しかしながら、この時期におこなう矯正治療のメリットは、成長発育する力と大人の歯への生えかわりを利用しながら、あごの骨格的なバランスを整えることおよびでこぼこに生えてこないようにすきま作りをしていくことが可能であるということです。成長が終わってしまうと骨格からの改善は難しくなるので、歯のでこぼこを治すのに、歯の移動のみで対応していくため抜歯の必要性が高くなることになります。この時期の矯正治療をしっかり行うことで、将来的に歯を抜かないで矯正治療を行うことが出来る可能性が高くなるのです。

 width=
資料提供
南柏かんだ矯正歯科
院長:神田 尚治先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター