不正咬合の治療例 受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)とは

反対咬合は、下の歯が上の歯より前に出ていて咬み合せが逆になっている状態をいい、受け口ともいわれています。奥歯に虫歯ができやすかったり、「サ」行や「タ」行などの発音がしにくかったりする場合があります。

【治療例1】 小児矯正の受け口の治療例

※小児矯正
前歯が永久歯に生え変わり始める頃(7才から9才頃)の治療です。
治療前
治療前
治療中
治療後
↓
治療後
治療後

【治療例2】 成人矯正の受け口の治療例

※成人矯正
永久歯に生え変わった後の治療です。小学校高学年から成人までが対象です。
治療前
治療前
治療後
治療後

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

 width=
資料提供
さわはた矯正歯科医院
院長:澤端 喜明先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス