クイック矯正・スピード矯正・治療期間が短い、早い 矯正治療法

クイック矯正・スピード矯正

矯正の治療期間を短縮したい方へ最適不正咬合の種類、程度、年齢、歯ぐきや個々歯の状態によって矯正の治療期間は様々ですが、あなたの噛み合せに応じた最新の矯正法を組み合わせる事によって治療の質を高次元に保ったまま、治療期間の短縮が可能です。治療期間を短縮、そして「よい噛み合わせ」。

その結果として生み出される機能美「美しい歯列」や「お口元」を得る事が出来ます。

クイック矯正・スピード矯正って?

最新の技術で治療期間の短縮を実現。「スピード矯正」とは、その名のとおり通常より短期間で行う矯正治療です。従来型の歯の矯正では、2年半以上となることもあります。期間や治療方法などはお口の状態によって様々ですが、その2分の1から4分の1、あるいは半年で終了することが出来る方もおります。初診相談時ご相談ください。

クイック矯正・スピード矯正の各治療法

AOO Accelerated OsteogenicOrthodonticsTM procedure(加速骨造成矯正法)

 width=
どんな治療
AOO(Accelerated Osteogenic Orthodontics) 加速骨造成矯正という方法です。
2のコルチコトミーとも少々似ています。近年 世界的に非常に注目を浴び 、そして人気の治療法です。2006年アメリカ歯周学会でも大々的に発表されました。アメリカの矯正専門医と歯周専門医との兄弟であるDr. ウィルコが開発した方法で、歯を動かし始める前に歯槽骨の部分に、歯周病に似た治療を行い、骨代謝活性を高めて歯を動かす方法です。

メリットは
この方法の特徴は、歯が非常に速く動く、つまり治療を早く終了することが可能です。また、痩せた歯ぐきが増え、骨の量を増加させることも出来る治療法です。成人患者さんで、歯ぐきの骨(歯槽骨)がやせている方にもお勧めな歯周、矯正治療法です。

治療期間は、歯並びの程度により個人差がありますが、おおよそ1年前後の方が多く、中には半年の方もおります。

コルチコトミー併用矯正法

◆どんな治療?
コルチコトミー(皮質骨骨切開術)は、歯を支える歯槽骨の表面にある骨に少し切れ目を入れ、歯を動きやすくする方法です。成人矯正の場合、骨が硬く緻密なため歯の移動が遅いのですが、この方法により歯が動きやすくなり、短期間で矯正が行えるようになりました。ただし、高い技術力を要する外科的手法を用いるため、日本国内でもコルチコトミー併用矯正を行えるのは一握りの医師に限られています。

◆メリットは
最短6ヶ月と治療期間が短縮されます。また、歯槽骨(歯を支える骨)は、治療前よりも丈夫になるというメリットもあります。矯正後の後戻りが縮小されるなどの報告もされています。

◆コルチコトミーの手術について
手術というと大げさですが、正味2時間程度の簡単なものです。
日帰りが可能です。また手術当日から普段どおりの食事も可能です。

インプラント矯正・アンカー矯正

◆どんな治療?
矯正治療専用のインプラントを使用する治療方法です。歯の近くの歯ぐきに、ピアス状やプレート状の「アンカーインプラント」を装着し、それを固定源として矯正する方法です。どのタイプの矯正装置にも併用使用可能です。(表側、裏側 どちらも可能)

◆メリットは
複数の歯をまとめて移動出来るので、治療期間が短縮出来ます。抜歯をしないで治療することが出来ます。(注 すべての方ではありません。よくご相談下さい。)治療効果を高めることが可能です。一般的な矯正治療では限界とされ、諦められていた方向への歯の移動を容易に可能にしました。

クイック矯正+審美歯科

◆どんな治療?
矯正治療と各種 審美歯科治療を組み合わせて治療を行います。・虫歯や差し歯が多い方に最適です。
  • 差し歯が合わなくなってしまっている方
  • 差し歯の根本の歯ぐきが黒くなってしまって気になる方
  • 奥歯の歯を抜歯してそのまま放置をしてしまっている方
  • 治療期間に制約がある方
などが、最適です。

◆メリットは
  • 治療期間は、約6ヶ月
  • 矯正治療と審美歯科を組み合わせることによって、きれいな歯ぐきとよい歯並び、かみ合わせを手に入れることが可能です。

ローフォース・ローフリクションテクニック

痛みの少ない矯正治療・迅速な歯牙移動
歯の並びを矯正する際にセルフライゲーティングブラケット&各種の超弾性ワイヤーを用いてアーチワイヤーをブラケットスロットに固定し、小さな力でより早く矯正を行おうとする方法です。直訳すると小さな力(ローフォース)小さな摩擦(ローフリクション)となります。
代表的なものとしてデーモンシステム、裏側矯正(Stb)、クリアスナップ併用法などがあります。

従来型の矯正治の場合、約7割が矯正時に多少の違和感を感じるという報告もあります。しかしローフォースローフリクションテクニックを用いると痛みの大幅な軽減が可能です。また従来型の治療に比べて、乱ぐい歯やがたがたの歯の並びは、みるみるうちにキレイな歯並びになります。要するに短期間で修正可能になってきています。また噛み合せの状態にもよりますが、トータルの治療期間の短縮が可能な方もおります。生理的に無理のない力をかけるシステムのため、体にもやさしく安心、安全な矯正治療法です。

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター