小児矯正・子供の反対咬合

お子様の受け口治療の流れ

治療前・治療のタイミング

受け口(術前)不正咬合(受け口)は自然に治りません。悪い咬みあわせを放置するとあごが曲がってきたり、さらにひどい不正咬合に移行することがあります。矯正治療の相談にいらっしゃる最適な時期は、前歯の生え代わった頃(小学校1〜3年生頃)です。

治療中の様子

受け口(術中)術中

乳歯の段階から治療を開始します。裏側の矯正治療と、あごの成長をコントロールする装置を用い、前歯の咬みあわせの改善を行います。

小児治療(一期治療)終了後の様子

受け口(術後)乳歯の矯正治療が終了しました。
永久歯に生え代わるまでは、定期的に経過観察をします。

永久歯治療(二期治療)を開始

受け口(術後)術後永久歯に生え代わりました。乳歯の頃から矯正治療を行っているので、抜歯の必要はなく、咬みあわせの調整を行います。

※治療内容・治療効果は患者様により個人差があります。

常盤 妙子先生
資料提供
常盤矯正歯科医院
常盤 妙子先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
リボン歯科・矯正歯科