2種類の装置を併用した症例

上顎と下顎にブラケットをつける全体矯正の場合、クリニックによっては予算や状態に応じて2種類の装置を併用することも可能です。
口を開けた時のリップラインが高めの人は、日常会話ではあまり下顎の装置は見えません。
目立つ顎に目立たない装置をつけて、あまり目立たない顎には、低コストのメタルの組み合わせが人気です。

裏側矯正とセラミックブラケットの組み合わせ

上顎を裏側矯正、下顎を目立たないセラミックのブラケットを使った症例です。上顎は裏側に装置が付いているので、口を開けても矯正装置が全く見えません。
裏側矯正とセラミックブラケットの組み合わせ 裏側矯正とセラミックブラケットの組み合わせ 裏側矯正とセラミックブラケットの組み合わせ

裏側矯正とメタルブラケットの組み合わせ

上顎を裏側矯正、下顎を金属の装置を使った症例です。メタルブラケットなので装置が目立ちますが、下顎は日常会話程度では見えない場合が多く、本人が思っているよりも他人に気づかれません。
裏側矯正とメタルブラケットの組み合わせ 裏側矯正とメタルブラケットの組み合わせ 裏側矯正とメタルブラケットの組み合わせ

セラミックブラケットとメタルブラケットの組み合わせ

上顎を目立たないセラミックのブラケットを使用し、下顎に金属のブラケットを使った症例です。最新のメタルブラケットは、以前より小さい形状が開発されているので、審美性が向上しました。
セラミックブラケットとメタルブラケットの組み合わせ セラミックブラケットとメタルブラケットの組み合わせ 

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター