著しい上顎前突・過蓋咬合 成長を利用した非抜歯症例

この患者様は、初診時は上顎前歯の著しい突出が認められ、側貌においては口唇を閉鎖しても
前歯が見えてしまっている状態で、お口元の突出感が認められました。
また、咬み合わせが深く、下顎前歯が上顎の歯肉に咬みこんでいる状態でした。

成長のピークを迎えられる前に矯正治療をご希望なさいましたので、下顎の成長を利用し下顎を前方に誘導し、また、歯列弓側方拡大と大臼歯遠心移動(大臼歯を奥に移動させること)により抜歯せずに治療を終了することが出来ました。

第二大臼歯の萌出が遅かった為、治療期間は4年と5ヶ月でした。

<術前>

 width=
上顎前突の症例(術前) 上顎前突の症例(術前) 上顎前突の症例(術前)
上顎前突の症例(術前)
<術後>  width=
上顎前突の症例(術後) 上顎前突の症例(術後) 上顎前突の症例(術後)
上顎前突の症例(術後)
お口元の変化
横顔(術前) 横顔(術後)
唇を閉じた状態(術前) 唇を閉じた状態(術後)
奥歯で咬んだときの状態(術前) 奥歯で咬んだときの状態(術後)
治療後はお口元の突出感がなくなり、 非常に美しい側貌を得ることが出来ました。

矯正治療の開始時期

矯正治療の開始時期について、よくご質問を受けます。

「永久歯が全部生え揃わないと矯正はできない」と思っていらっしゃる方も多いようです。
成人になってからでも矯正治療は可能ですが、この患者様のように成長期に治療を開始なさることによりさまざまな治療法を選択でき、抜歯の可能性を低くすることができます。

治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

資料提供
阿佐谷矯正歯科医院
院長:國井 明美先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス