下顎前突(受け口)の症例 -成人矯正の症例-

成人矯正とは

成人矯正はすべての歯が永久歯になった方のための矯正治療です。
大人の矯正は子供と同じではありません。健康な歯や歯ぐきであれば、高齢の方でも治療は可能です。
ムシ歯、歯周病の問題を解決した上で矯正治療を行い、全身とかみ合わせのバランスを整えます。
子供の矯正との大きな違いは、顎の大きさ、上下の顎の位置関係を改善することが難しいことです。そのため歯の数を減らして対処せざるを得ない場合があります。
治療期間も子供に比べ長くなる傾向がありますが、歯の動きやすさは個人差が大きいため、検査結果に基づいて治療していきます。

下顎前突(受け口)をマルチブラケットとMFTで治療した症例

下にご紹介する写真は、成人の反対咬合(受け口)の治療症例です。
成人矯正 下顎前突出治療前
成人矯正 下顎前突出治療前
(治療開始から2年8ヶ月後)

治療の流れ

1. 初診時口腔内所見 ... 初診時のお口の中の様子
奥歯(大臼歯)の咬合関係が、下顎前突をあらわす「Angle Class III」の反対咬合です。
上顎の右側犬歯、上顎左側側切歯が口蓋側転位し、上顎右側第1小臼歯は唇側転位して歯肉退縮によりやや歯根が露出ています。この部分には歯槽骨の裏打ちがないと思われます。
下顎の歯列弓幅径がやや大きく、臼歯部でも反対咬合の状態です。
また、側貌の所見では下口唇の突出感を認める骨格性の反対咬合です。

2. 治療
治療は上下顎両側第一小臼歯、上顎左側第三大臼歯の抜歯を行い、マルチブラケット装置で咬合改善を行いました。また舌癖、低位舌が認められたためMFT(機能的筋機能療法)*も矯正歯科治療と併せて行いました。

その結果、下顎前方位が解消し、前歯被蓋が改善するとともに、叢生、転位歯も改善し安定した咬合関係が確立されました。また下口唇の突出感も改善し、バランスのとれた側貌、口元も良好な状態に改善され、舌位や口唇閉鎖等の機能も良好になりました。
MFT (機能的筋機能療法)
舌やお口の周りの筋肉を鍛えるお口のリハビリテーション。
指しゃぶりや舌癖などの口腔習癖を改善させて、正しい筋肉の使い方を習慣化させる訓練です。
舌と口唇、口の回りの筋力を強化したり、食べ方や話し方の訓練したり、症状や癖によって様々なプログラムがあります。
院長
資料提供
菅沼矯正歯科
院長 : 菅沼 與明

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック