【歯を抜いた症例】叢生(凸凹)と八重歯の治療/18歳・男性

はじめに:患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

叢生(でこぼこ)の治療症例

患者様 : Kさん 18歳 男性  大学生
症状 : 叢生(デコボコ)と八重歯     抜歯4本

治療前 治療後
治療前 width=治療後
大学生のKさんは歯のデコボコがきになっており、「歯並びが悪いと笑顔が続かない感じ」と考え矯正歯科に訪れたそうです。検査の結果、歯自体がかなり大きいこととデコボコの量が多かったので、“小臼歯抜歯”と“時間はかかるが親不知を抜いて歯を奥に移動する”というふたつのプランを提案したところ、期間や仕上がりを考えた結果、小臼歯抜歯のプランをKさんは選択しました。矯正装置装着前に、上あごと下あごそれぞれの小臼歯計4本の抜歯をしてから、矯正治療を開始しました。※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
治療前 抜歯後
治療前 抜歯後
装置装着直前に小臼歯4本を抜歯しました。
 width=
治療中 4カ月後
 width=
上下でゴムをかけ始めました。
 width=
治療中 9カ月後
 width=
横の歯がだんだん噛み合ってきているのがわかります。
 width=
治療後
 width=
装置装着から1年弱で装置が外れました。後は歯のケアで通っていただきます。



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生