歯の大きさのバランスが悪い不正咬合の症例
(凸凹の歯並び・矮小歯/抜歯2本/裏側矯正)

1.カウンセリング〜診断〜治療開始時 (歯の凸凹が気になって来院)

Nさんは、前歯が小さいために見える隙間と、歯並びのデコボコを改善したくて来院しました。
下の写真は治療前に撮影した口腔内写真です。
上の前歯の横の歯(側切歯)は、非常に小さな歯になっています。これを矮小歯[わいしょうし]といいます。また、上下の前歯にもデコボコがみられます。
なお、上顎の側切歯の矮小歯(あるいは円錐歯)は実はとても高い頻度で見られる歯の形態で、歯の退化傾向にある歯と考えられています。

治療前
shyuugou.jpg

【診断】 小さな歯と小臼歯を2本抜歯、舌側矯正装置での治療を開始

今回の診断で難しい点は「小さな歯を将来どうするか?」ということです。
特に上の写真をみると、左側の歯がとても小さく綺麗には並びません。また右側には犬歯がありません。Nさんは口元が出ていることも気にされていました。
そこで、上顎の小さな歯と下顎の第二小臼歯を2本抜歯することにしました。今回のように普通ではない抜歯部位を抜いているという意味で、unusually extractionと言います。

↓

2.裏側矯正装置を装着して治療開始

下は治療を開始して装置をつけた写真です。
抜いた前歯には歯があるようにダミーの歯を装着してあります。下顎はよく表側の治療で抜かれる第一小臼歯ではなく、その奥にある第二小臼歯を抜歯しているので、正面から抜歯による隙間は見えにくいです。
治療中
finish.jpg
↓

3.治療後 (異なる歯の大きさが目立ちにくくなり、かみ合わせが改善)

下は治療後の写真です。
今回の治療は、差し歯で治療したところはなく、ご自身の永久歯を矯正治療で動かして改善させました。真ん中(正中)もあっています。
実は上の歯の大きさは左右で違いますが、治療前と比較して気づきにくくなっています。

今回の症例は見た目以上に治療が難しいケースだったため、じっくり計画を立て、いく通りも考えられる施策を提案させていただき、治療方針に患者さんが納得されてから治療をすすめました。
治療後
finish.jpg

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック