歯列の凸凹(叢生)を裏側矯正で治療した症例

はじめに:患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

叢生(でこぼこ)を抜歯して治療した症例

患者様 : Sさん 女性
症状 : 叢生(デコボコ)     抜歯あり

・歯列のガタガタ(叢生)を裏側からの見えない矯正装置(舌側矯正/裏側矯正/リンガル矯正)で治療しました。
・このケースの場合には、上を裏側の見えない装置、下を外側の目立たない装置で治療しましたが、多くの場合上下とも裏側の装置を使うことが可能です。
・なお、現在当院で使用している裏側からの矯正装置は、ここで使用したものと比べてさらに小型で丸みを帯びているものとなりましたので、発音に与える影響が減少しました。
・また、このケースでは奥歯には金属のバンドを使用していますが、現在では全ての歯に対して裏側に装置を接着することが可能となりましたので、歯の外側に金属色の装置を付ける事を極力避けることができます。
・どのような装置を使用して治療するかは、ご希望の治療内容や目標および歯並びの状態を総合的に判断し、治療をお受けになる患者さんご本人(と保護者の方)との話し合いにより決定します。

治療前

治療前

初診時の状態です。上下の歯並びがたがたしています。

治療中

治療中 抜歯後

見えないよう、目立たないように工夫された矯正装置を使用して徐々に歯を並べていきます。

治療中
治療中
治療後

治療終了後は後戻りしないように歯の裏側にリテーナーを装着します。
この後は年に1度くらいの定期検査を続け、歯石や歯の着色をとったり、
虫歯ができていないかチェックします。


治療後

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
横浜駅前歯科・矯正歯科