顎の骨を切らずに治療した例1 開咬 [かいこう]

はじめに:ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。ただし、患者さんのお口の中の状態は、一人ひとり異なります。実際の適切な治療方法と治療効果を知りたい方は、直接歯科医院にご相談ください。

口腔外科で外科手術が必要と診断された症例を手術なしで治療した例

顎の骨を切って治療すると診断された方へ
外科手術が必要な歯並び・かみ合わせはございます。しかし、負担が大きい治療でもあります。歯は考えているよりも多く移動できます(矯正治療)。症状によっては、矯正治療のみで改善できる場合もありますので、一度相談されると良いでしょう。

症状 : 開咬[かいこう]
上顎前歯の側切歯(正中から2番目)2本欠損、下顎前歯は乳歯(乳切歯)が残存
抜歯あり

治療の流れと症例写真

口腔外科で下顎骨を手術で切断し、開咬を閉じると診断された症例です。口腔外科と矯正治療をすることから、外科矯正ともいわれています。
治療前
治療前 抜歯後

矯正治療前

上顎前歯は側切歯2本が欠損で、下顎前歯は乳切歯残存、後続永久歯2本欠損の症例です。
次へ
治療後
治療前 抜歯後

矯正治療後

上顎犬歯を側切歯の代わりに、小臼歯を犬歯の代わりに使用しました。下顎乳前歯は抜歯し、スペースクロージングしました。

矯正治療終了から1年後

装置撤去後、1年目の状態です。後戻りをしないよう臼歯部の延出にはマウスピース等の保定装置を使用し観察していく必要があります。

矯正治療終了から7年後

歯列の後戻りのみならず顎関節部の異常等も、7年程度の観察を必要とします。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
 width=
資料提供
菅原矯正歯科
M.S.C.B研究所所長:菅原 喜元 先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る