【小児】事故で抜けた歯を矯正治療で治療した例

はじめに: ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。ただし、患者さんのお口の中の状態は、一人ひとり異なります。実際の適切な治療方法と治療効果を知りたい方は、直接歯科医院にご相談ください。

事故で歯を失ったり、歯が折れた方の矯正治療

抜けた部分のスペースを別の部位の歯を移動させて治療
ころんだり、顔面をぶつけたり、自転車事故などで歯が折れたり、抜けたりすることがあります。 ここでは、事故で抜けた部分のスペースを、入れ歯や、ブリッジ等で治療せず、別の部位の歯を移動させて閉じた症例をご紹介します。

症状 : 事故で前歯1本を欠損。他、前歯の脱臼。
抜歯3本

治療後
矯正治療前

矯正治療前

自動車事故で前歯が1本抜けてしまいました。他の前歯も半脱臼でグラグラしているので、矯正装置で固定しました。固定後、この部位の治療としては「入れ 歯」「3本連続のブリッジ(さし歯)」「インプラント」「歯科矯正」が考えられます。お母様がどうしても自分の歯でと要望され一般歯科からの紹介で来院し 矯正治療を行いました。側切歯の代わりにと1個ずつずれて移動して治療した症例です。
治療後
歯科治療後 (差し歯治療終了)

歯科治療後 (差し歯治療終了)

他院(歯科)で、上顎前歯部に、差し歯(被せもの・クラウン)を入れた後の写真です。
変色した歯もクラウンにより、自然な見た目になりました。 歯の神経が無くても、歯の移動は可能です。歯が残っていたら(何本でも)一度ご相談してみてはいかがでしょうか。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
 width=
資料提供
菅原矯正歯科
M.S.C.B研究所所長:菅原 喜元 先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス