上下顎の歯のでこぼこを裏側から矯正した場合の症例

はじめに: 患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

患者様 : Mさん(21歳 学生) 女性
症状 :叢生(歯のでこぼこ)
抜歯 :なし
治療方法 :裏側矯正(舌側矯正)

治療前

治療前正面
      ▲正面の写真

上下の歯がでこぼこな状態

この患者様は写真から見て右から2番目の歯が、奥に大きく押し込まれてしまっています。下顎の前歯もでこぼこな状態でした。

治療前上下左右

治療中(6ヶ月後)

6ヶ月後正面
       ▲正面の写真

裏から装置を取りつけて6ヶ月後の状態

写真右側の1番目の歯と3番目の犬歯との間に、奥に入りこんでいた歯が入る隙間が空いてきました。下顎の歯も徐々に並んできました。

6ヶ月後上下左右

治療後

治療後正面
      ▲正面の写真

装置をはずした状態

奥に入りこんでいた2番目の歯もすっかり収まり、下顎の歯もきれいに並びましたので、正面から見ても上下顎とも歯並びが改善されています。
噛みあわせも良くなり、装置をはずすことができましたので、今後はりテーナーで歯の位置を保定します。

治療後上下左右
※治療効果は、患者様によって個人差があります。

資料提供
KAZ矯正歯科
院長 : 高橋 和明

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
リボン歯科・矯正歯科