開咬を従来より早い矯正装置で治療した症例

はじめに: 患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

患者様 : Sさん(38歳) 女性
職業 :OL
症状 :開咬
抜歯 :なし
その他の処置 :上下ディスキング(少し歯を削る)
装置 :表側矯正(従来の装置より摩擦が少ないセルフライゲーションタイプ)

治療前

治療前正面
      ▲正面の写真

上下の前歯が接触していない開咬

この患者様は上顎の歯と下顎の歯の前歯が接触しておらず、隙間があり開咬の状態でした。原因として子どものころの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが考えられます。下顎の歯も少し叢生(でこぼこ)の状態です。

治療前上下左右

治療中(7ヶ月後)

6ヶ月後正面
       ▲正面の写真

装置を取りつけて7ヶ月後の状態

抜歯はしませんでしたが、1本1本の歯(エナメル質の部分だけ)の横幅を削り、スペースを確保しました(ディスキング)。ワイヤーを通したときに摩擦が少ないセルフライゲーションブラケットを使用した表側矯正で治療をしました。7ヶ月後、歯並びが少しづつ改善され、上の前歯と下の前歯の隙間が狭くなってきました。

6ヶ月後上下左右

治療後

治療後正面
      ▲正面の写真

装置をはずした状態

上の前歯と下の前歯の隙間がなくなり、かみ合せも改善されました。矯正装置をはずすことができましたので、今後はリテーナーで保定期間に入ります。下の歯は固定式のリテーナーを歯の裏側に装着し、上の歯は取り外し式のリテーナーを使用しました。

治療後上下左右

※治療効果は、患者様によって個人差があります。

資料提供
KAZ矯正歯科
院長 : 高橋 和明

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス