矯正期間が1年以内で終了した3症例(隙っ歯、すれ違い咬合)

摩擦が少ない「セルフライゲーションブラケット」を使用して治療した症例

従来から使用されている表側矯正のブラケットは、ワイヤーとブラケットを細い針金(結紮線)やゴムで留めていました。近年登場した、セルフライゲーションブラケットは、細い針金やゴムを使用しない特殊な構造のため、ブラケットをワイヤーとの摩擦が少なくて、効率的な歯の移動が期待できます。

1年以内で治療が終了した3症例

<症例1> 15歳 男性  治療期間:4ヵ月

治療前
隙っぱ治療前(正面) 隙っぱ治療前(上顎)
治療中
隙っぱ治療中(正面)
治療後
隙っぱ治療後(正面) 隙っぱ治療後(上顎)

■治療内容:上顎のみの矯正希望
隙っ歯(空隙歯列)が気になって、上顎のみ矯正治療を希望した15歳の男性の治療例。
金属製のセルフライゲーションブラケットを使用して、4ヵ月でキレイになりました。


※治療効果は、患者様によって個人差があります。

<症例2> 24歳 女性  治療期間:8ヵ月

治療前
すれちがい咬合治療前(正面) すれちがい咬合治療前(上顎)
治療中

すれちがい咬合治療中(正面)
↓

すれちがい咬合治療中(正面)

治療後
すれちがい咬合治療後(正面) すれちがい咬合治療後(上顎)

リテーナー装着時 ■治療内容:上下の矯正希望
上下のかみ合わせが左右でクロスしているすれ違い咬合(交叉咬合)を治療した24歳の女性の治療例。
上側は目立たないクリアタイプのセルフライゲーションブラケットを使用し、見えにくい下顎は金属製のブラケットを使用しました。

8か月後、キレイに歯が並んだあとはプレートタイプのリテーナー(左図)で歯並びを保定させます。

※治療効果は、患者様によって個人差があります。

<症例3> 31歳 男性  治療期間:8ヵ月

治療前
隙っぱ治療前(正面) 隙っぱ治療前(上顎)
治療中
隙っぱ治療中(正面) 隙っぱ治療中2(正面)
治療後
隙っぱ治療後(正面) リテーナー装着時

■治療内容:上顎のみの矯正希望
前歯の隙間が気になって、上顎のみ矯正治療を希望した31歳の男性の治療例。
目立たないクリアタイプのセルフライゲーションブラケットを使用して、8ヵ月でキレイになりました。治療後は、プレートタイプのリテーナーを一定期間装着して、後戻りを防ぎます。


※治療効果は、患者様によって個人差があります。
※治療効果は、患者様によって個人差があります。

やまぐちデンタルクリニック
資料提供
やまぐちデンタルクリニック
院長 : 山口 勉 先生

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る