上顎前突の治療例 (成人・裏側矯正)

著しい上顎前突(出っ歯)を裏側矯正で改善

治療前の模型
▲ 患者様の歯の模型(治療前)
装置が周囲の人に見えない「裏側矯正」は、技術や経験がある矯正医のもとで治療を受ければ、表側矯正と変わらずに治療することができます。
また、上顎前突(出っ歯)のケースでは、裏側矯正はより効果的に前歯を奥へ引っ張ることができます(個人差があります)。

ここでは、上顎の前歯が大きく出ている上顎前突の治療例をご紹介いたします。

症例写真


初診

前歯が著しく出ている上顎前突の患者様の症例です。普段、口元を閉じることができません(口唇閉鎖不全)。日常的に歯が唇から出ていると、歯肉の粘膜や歯が空気にふれて乾燥し、お口の中の洗浄作用がある唾液の流れが悪くなって歯周病や虫歯のリスクが高くなります。


▼ 初診相談時の口腔内写真
治療前

治療前は、上下の前歯が噛み合わず、下顎の前歯は上顎の歯の裏側の粘膜を噛んでいる状態でした。このような噛み合わせだと、固いものを食べるときに粘膜に食べ物が当たって痛くなります。

裏側矯正での治療開始

治療中(裏側矯正装着時) 見えない矯正「裏側矯正」で治療

裏側矯正装置で使用する「リンガルブラケット」は、上顎前突の症例に力を発揮します。

このようなケースだと、アンカーインプラントを顎の骨(歯槽骨)に埋め込む「インプラント矯正」や外科手術を併用した矯正治療を提案する方法もあります。

今回は費用や負担の軽減を考慮し、精密検査結果に基づき、外科処置は不要と診断し、上顎の第一小臼歯のみを抜歯し、裏側矯正で治療しました。

治療後

治療は補助装置等を含め一度も歯の表側に装置を着けずに、裏側矯正のみで行いました。
今後は、歯並びの後戻りを防ぐため、保定装置(リテーナー)を装着し、定期的に経過観察をしてキレイな口元を保ちます。

▼ 治療後の口腔内写真 ※写真は裏側矯正装置を外す前のものです。



治療後治療前、治療後の比較

※治療効果は、患者様によって個人差があります。



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る