強い受け口(下顎前突症)を外科手術なしで矯正した症例

外科手術をしないで噛み合わせが改善できるケースもあります

下顎の突出が強い患者様(下顎前突症)は、顎変形症の手術を行わないと噛み合わせを治療できない場合があります。しかし下顎前突症だからといって、すべてのケースで必ず手術が必要になるわけではありません。矯正医の判断によっては、強い受け口の患者様でも外科手術をしないで噛み合わせを改善できるケースもあります。それぞれの治療法のメリット・デメリットを確認し、納得された医療機関、治療法を選びましょう。 

治療例1

治療前
治療例1 治療前
上の歯よりも下の歯が前に出ており、奥歯も噛み合っていません。
↓
治療後 
治療例1 治療後
検査の結果、外科矯正をしなくても噛み合わせが改善できると診断し、歯列矯正のみの少ない負担で治療しました。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

治療例2

治療前 
治療例2 治療前
下顎が出ている反対咬合と、前歯が噛まない開咬がある不正咬合です。他院では外科手術が必要だといわれました。
↓
治療後 
治療例2 治療後
当院で手術をしないで矯正治療をしました。歯全体の噛み合わせが改善し、きれいな歯並びでしっかり食べ物が噛めるようになりました。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
院長 : 小野 恭介
資料提供
あひる矯正歯科 (東京都江東区)
院長 : 小野 恭介

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック