八重歯の矯正治療(抜歯ケース・非抜歯ケース)

症状や患者様の希望によって抜歯する場合と、抜歯しないでいい場合があります。ここでは抜歯して八重歯を治療したケース、抜歯しないで治療したケースをそれぞれご紹介します。


症例写真


治療例1 抜歯して八重歯を改善したケース

患者様 : 男性
治療期間 : 1年6ヵ月
診断 : 八重歯の抜歯ケース
装置 : マルチブラケット
抜歯 4本(上顎2本、下顎2本 ※4/4EXT)

治療前
抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療前)

歯並びが凸凹の症例です。特に上顎のガタガタが目立ちます。

下矢印

治療中
抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療中)

上下4本を抜歯し、マルチブラケット法で矯正をしました。

下矢印

治療後抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療後)

治療期間は1年半で完了しました。抜歯したスペースを利用して、重なっていた歯がキレイに並ぶことができました。上下の噛み合わせがぴったり合っています。


治療例2 非抜歯矯正で八重歯を改善したケース

患者様 : 女性
治療期間 : 1年2ヵ月
診断 : 上顎の八重歯
装置 : マルチブラケット
抜歯 無し

治療前
非抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療前)

上顎3番の歯肉が外側に飛び出ています。このような症状は口内炎ができやすかったり、口元をぶつけた時にけがになりやすいリスクがあります。

下矢印

治療中
非抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療中)

目立たないセラミック製のブラケットを装着して矯正をしました。

下矢印

治療後非抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療後)

今回は、抜歯しないで改善できると診断したケースで、1年2ヵ月の期間で治療終了しました。


※治療効果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター