【外科矯正】顎変形症の症例・治療後の顔貌の変化

顎変形症とは

顎変形症と外科矯正
下のアゴのバランスが著しくずれている方の場合、矯正治療だけで咬みあわせを治すのが難しいことがあります。
顎変形症の種類には、上顎前突症・下顎前突症・開咬症・非対称症・下顎後退症(小下顎症)などがあり、外科的矯正法による治療があります。また、骨の成長が終わっている成人の方のみが対象です。

口腔外科と矯正歯科が連携して治療
外科的矯正法では、矯正歯科と口腔外科が協同で治療を行います。矯正歯科で矯正治療を行い(術前矯正)、矯正装置を歯につけたままで、口腔外科にて上下顎の位置のバランスを整えるために、顎骨を切る手術(顎矯正手術)を行います。手術後は、矯正歯科で最終的なかみあわせの調整をします。

健康保健の適応について
顎変形症の治療を保険診療として行うためには、顎離断等の顎の骨を切る手術を行うことが前提となっています。外科手術の術前・術後の歯並び・かみ合わせを調整(矯正治療)を保険適用するには、顎口腔機能診断施設に指定されている医療機関での受診が条件となります

顎変形症の治療例(外科手術併用)

1.下顎前突症(35歳・女性  ブラケット装着期間25か月)

下顎の骨が上顎に比べて大きく、通常の咬合とは反対に、下あごが前に位置しているために下あごが突き出てみえる症状です。
治療前 治療後
治療前治療後
治療前治療後
治療前治療後

2.下顎前突症(22歳・男性  ブラケット装着期間23か月)

治療前   治療後
治療前 治療後
治療前 治療後

3.非対称症(35歳・女性  ブラケット装着期間18か月)

治療前   治療後
治療前 治療後
治療前 治療後

治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生