Step3 いろいろある矯正治療 器具別 メリットとデメリット

歯列矯正で使用する装置には、様々な種類があります。大きく分けると2点。ブラケットの付ける場所と種類です。

器具をつける場所の違い

1)表側(頬側)…歯の表面にブラケットをつける方法。


<メリット >
・歯が動きやすい。
・ブラケット周りの汚れが目に見えるので歯磨きを積極的に行える。
・歯科医にとって、調整が楽。

<デメリット>
・目立つ。
・歯がさらにもりあがってしまうので、口を閉じにくい。
・唇や頬の裏などに装置が当るので口内炎になりやすい。


2)裏側(舌側)…歯の裏側(舌側)に付ける方法。

リンガルともいう。メタルブラケットを使用する。

<メリット >
・まず外からは見えない。目立たない。
・歯磨きはしづらいものの、唾液の自浄作用の恩恵に預かれるため、比較的虫歯になりづらい。
・歯の状態によっては、表側よりも効果的に動かすことができる。

<デメリット>
・慣れるまで、発音が難しくなる(喋りづらい)。
・舌に装置が当たり、慣れるまで非常に痛く、表側より辛い。
・一般的に、表側よりも治療器間が長く、費用も高い。
・□装置の種類の違い

矯正の装置には大別して以下のような物があります。

1)メタルブラケット・・・ブラケットが金属製のもの。


<メリット >
・金属(銀色)のため色的には目立つが、ブラケット自体の大きさは小さいため口腔内や唇への違和感(痛み)は一番少ない。
・歯が動きやすい。
・歯への接着が容易なので、どのような歯でも付けやすい。
・たいてい、料金も一番安く設定されていることが多い。

<デメリット>
・色が金属色のため、目立つ。


2)セラミックブラケット・・・ブラケットがセラミックのもの。


見た目に目立つ前歯のみにセラミック製を用いることが多い。プラスチックの透明or乳白色のブラケットもあるが、強度の高いセラミック製の乳白色ブラケットが主流。アーチワイヤーは金属を使うことが多いが、白いワイヤーを用いると更に目立たなくなる。


<メリット >
メタルと違い、白色または半透明に近いため、目立たない。遠目には殆ど分からない。

<デメリット>
メタルブラケットよりも大きく、高さもあるため口腔内(特に唇)への違和感(ぶつかる、すれる)が大きい。メタルに比べて、歯の動きが遅いことがある。料金はメタルブラケットよりも高く設定されていることが多い。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター