Step3 いろいろある矯正治療 金属アレルギー

金属アレルギーは、免疫が特定の金属を異物(=敵)とみなして攻撃をした場合に起こります。アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーと仕組みは同じです。
金属アレルギーを起こすのは、金属そのものではなく金属イオンが原因となります。金属がイオン化して溶け出すことを「金属の溶出」といいますが、お口の中は唾液や食べ物などが作用し、金属がイオン化しやすい環境となっています。このため、腐食性変化が生じ金属が溶出されてしまいます。
金属アレルギーになると、食べ物の味がおかしいと感じたり、舌に痛みを感じるといった口腔内の症状だけでなく、皮膚炎など全身に及ぶ症状となって現れることもあります。

矯正治療と金属アレルギー

矯正歯科で用いられる金属材料には、ブラケット、ワイヤー、バンドなどがあり、金属アレルギーの原因となるニッケルやクロムを含んでいる場合があります。金属アレルギーが心配な方は、まず皮膚科で金属パッチテストを受けて、自分がどの金属元素にアレルギーを持っているのか、確かめることが大切です。金属アレルギーの診断により、今後の治療で使用が出来る金属がわかり、歯科医に申告することが出来ます。アレルギーを持っていた場合や、アレルギーが心配な場合でも、生体親和性の高いチタンやニッケルフリーのものを選ぶことで、安心して矯正治療を行うことが可能です。


<金属アレルギーに対応した矯正装置の例>

ブラケット:硬質プラスチックまたはチタン製を使用する
バンド:バンドを使用せず、チタン製の材料(チューブ)を使用する
ワイヤー:ニッケル、クロムを含まないバイオメタル系ワイヤーを使用する


また、下記のような材料も現在は使われています。

・ブラケット
インスパイア:サファイアでつくられたブラケット
オーソス2:チタンでできたブラケット
Goldのブラケット

・ワイヤー
TMAワイヤー:チタンとモリブデンの合金でアレルギー反応を起こしにくい


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生