Step5 矯正中の生活ポイント 矯正治療中のブラッシング

矯正治療中のブラッシング

歯列矯正中は、口内がとても虫歯になりやすい環境になります。ワイヤーやブラケットを装着しているので、歯ブラシが直接歯に当たらない箇所がでてきます。そのため、磨き残しがあって虫歯になるケースが多く、歯みがきには普段より十分気を使わなければなりません。

矯正器具のまわりを清掃するためには通常市販されている歯ブラシではなく、凹凸のついた矯正専用の歯ブラシを使うことが効果的です。


歯ブラシのほかに歯間ブラシをつかうこともお勧めします。歯間ブラシは歯と歯の間に挿入して使用するものですが、矯正装置と歯の間やブラケット周りを磨くのにぴったり。歯間ブラシにもサイズがあるので種類があれば便利です。
デンタルフロスは、ワイヤーで途中までしか入りませんので、歯列矯正期間の最後で取り外しのできるリテーナーという保定装置になるまではほとんど使いませんでした。 きちんと磨いていたはずなのに、それでも矯正中に虫歯になった私は、デンタルリンスをいつも持ち歩くようになりました。外食したときに便利です。


口内環境を良くするには大きく分けて2種類あって、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスで細菌や汚れを除去する物理的清掃法。デンタルリンスや歯みがき剤で細菌を殺菌したり細菌の活動を弱めたりする化学的清掃法。 歯列矯正中はもちろん、そうでない時もも両方法を使ってお口の中の細菌コントロールしましょう。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る