Step6 よりキレイになるために ブライダル矯正

笑顔の花嫁さん最高の笑顔でブライダル

せっかくの結婚式、最高の笑顔で!

表側に装置がついてる場合は式の直前(前日〜1週間前)に装置を一時的に除去します。そのため、結婚式当日は見た目を気にしないで、最高の笑顔をアピールすることができます。結婚式、新婚旅行などの大切な行事が一段落しましたら、再び矯正装置を装着し、治療を継続していきます。結婚式までに6ヶ月の期間的余裕がある方は是非とも矯正治療をお勧めします。結婚式以外でも、成人式、就職活動の面接など、大切な行事に合わせて行う事ができます。一生に一度の大切な日、最高の笑顔で自分をアピールしましょう!

ブライダル矯正 Q&A

・普通の矯正と何が違うの?

気になる箇所を早期に改善出来るように配慮してブラケットを選択し、治療計画を立案します。結婚式の直前に一時的に見えるブラケットを外すのが特徴です。治療途中で一時的にブラケットを外すため最初は歯面に接着力の弱い接着剤を使用してブラケットを装着していきます。結婚式の日までに残った見えるすき間は目立たないように仮歯を付けていきます。ブラケットを外している期間は透明なマウスピースを代わりに装着して頂き、後戻りを防止します。結婚式の当日もしくは前後の数日であればマウスピースを装着しないでお過ごし頂けます。結婚式や新婚旅行が終了したら再びブラケットを装着していきます。


・どれくらい前から治療を始めればいいの?

結婚式の日のから逆算してブラケットを装着するまでに半年の猶予があれば比較的良好な結果を得ることが可能です。少なくとも3ヶ月間の矯正期間が必要です。


・歯を抜いたすき間はどうなるの?

歯を抜いたすき間は目立たないように仮歯を付けるか、抜いた両端の歯に色を合わせた樹脂を盛り足し、すき間を閉じていきます。式の当日はすき間を気にせず快適に過ごすことができます。結婚式が終了すると再びすき間を確保して歯を動かしていきます。


・結婚式が終わったらいつ頃医院に行けばいいの?

マウスピースをしっかりご使用して頂ければ、1ヶ月以内であればブラケットを装着しなくても後戻りの問題はありません。約1ヶ月を目安にゆっくり落ち着いてから治療を再開します。1ヶ月以上経過するとマウスピースの厚みの分だけ咬み合わせが変化してしまう可能性があります。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター