成人矯正Q&A 妊娠期間に治療を受けるのは避けたほうがいいの?

妊婦さん妊娠中の矯正治療

妊娠期間に治療を受けるのは避けたほうがいいの?

矯正歯科治療は妊娠中でも問題なく受けられます。ただ、妊娠初期でまだ安定期に至る以前では、抜歯に伴う抗生物質の服用や局所麻酔の使用、エックス線撮影は控えなければなりません。患者さんによっては、妊娠前に矯正歯科治療を始めて、治療期間中に妊娠がわかり、主治医に報告しながらそのまま治療を続ける例もあります。その場合、治療途中で出産時期にさしかかると、一時的に治療をストップして、出産後、しばらく時期をおいてから、また治療を再開するという方法をとります。このようなケースは珍しいことではありません。妊娠がわかったときはもちろん、妊娠の可能性があるときも、忘れずに主治医に知らせておきましょう。


関連ページ:妊娠中の方の矯正歯科治療FAQ



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • グリーン歯科クリニック
  • アクセス