インビザライン

インビザラインについて

目立たないマウスピース矯正装置

マウスピース装置インビザラインは、アメリカのアラインテクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正装置です。
マウスピース矯正は、ワイヤーやブラケットを用いずに、上下の顎それぞれに、マウスピースのように装着する装置で、患者様自身で自由に取り外すことができます。

0.5ミリ程度の薄くて透明な装置のため、つけていても装置が目立たず、人に気づかれにくいです。また、食事や歯磨きのときに外すことができるのが特徴です。


マウスピース装置は、複数のメーカーから開発・販売されており、製品によって、製造工程や治療法が若干異なります。
共通点は、 一定期間(約2週間〜1ヵ月)ごとに、すこし形状を変化させた新しいマウスピースに交換して、治療期間を過ごします。
インビザラインの場合、交換するマウスピースのことを「アライナー」と呼び、1日20〜22時間装着し、2週間毎に新しいアライナーに交換します。

治療の流れ

精密検査結果を3Dシミュレーションを用いて解析し、装置を製造

1. 矯正相談〜検査
患者様の歯のお悩みを聞き、インビザラインの特徴や他の治療法との違い、メリット・デメリットについて説明します。
患者様の希望により、レントゲン撮影と、精密な歯型を採取します。
2. 診断
精密検査結果をもとに、矯正医が診断し、治療計画を説明します。マウスピース矯正(インビザライン)を希望された場合の、患者様の治療内容や、治療中の注意点等を具体的に説明。ご納得いただいたら契約し、装置を発注します。
3. 装置の制作
発注後、患者様のレントゲンデータや歯の模型(歯型)、治療計画書などを、アメリカのメーカに送ります。現地では専門の技術者が、患者様のデータをコンピュータで解析し、治療完了までの歯の動きをシミュレートします。シミュレーションが完成したら、担当医がチェック・修正の指示を出し、問題なければ、マウスピースの製造に進みます。
4. 治療開始
治療開始から、2週間ごとに交換していくマウスピース(アライナー)が一度に届きます。アライナーの数は、おおよそ1〜3年分で患者様の歯並びによって異なります。
装着時間を守らないと、治療期間が延びたり、シミュレーションの通りに歯が動かない恐れがあるため、担当医の指示を守って生活しましょう。

※矯正歯科医院や患者様の歯並びによって、適用できない場合があります。詳細は、取り扱いの矯正歯科医院に確認しましょう。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る