目立たない矯正 〜リンガル矯正装置(裏側/舌側)から、マウスピース型矯正まで〜

「目立たない矯正治療」なら、周りの人の視線が気になる方にも「キレイな歯並び」「健康的な噛み合わせ」の治療が受けやすいかと思います。

「目立たない矯正治療」は、アナウンサー、通訳、客室乗務員、芸能関係、接客業など審美的制約の多い職業の方々にも向いています。 10代の方でも、ご希望される方がいます。

入学式・卒業式・成人式・結婚式など、人生の様々な記念日も装置を気にせず最高の笑顔で迎えたいという方に提案したい「目立たない矯正治療」は、大きく4つの方法に分けられます。

リンガル矯正装置(裏側/舌側)

矯正装置を歯の裏側に付ける「裏側/舌側矯正」と呼ばれるリンガル矯正治療方法です。
従来型の表側の矯正治療で対応できる歯並びや噛み合わせの状態であれば治療が可能です。治療期間も、表側の矯正装置と同じ期間で治療を進める場合が多い治療法です。

リンガル矯正装置(裏側/舌側) リンガル矯正装置(裏側/舌側)

マルチブラケット矯正装置「表側の目立たない矯正」と「クリアなワイヤー」

目立たないタイプのマルチブラケット矯正装置は、歯の表面につける装置で、ブラケットやワイヤーはクリアなものを使用することが可能です。
利点は、クリアな装置を使用するので、金属の装置を使用した表側矯正よりも目立ちにくい点です。

マルチブラケット矯正装置「表側の目立たない矯正」と「クリアなワイヤー」 マルチブラケット矯正装置「表側の目立たない矯正」と「クリアなワイヤー」 マルチブラケット矯正装置「表側の目立たない矯正」と「クリアなワイヤー」

ハーフリンガル (表側と裏側の装置を併用)

ハーフリンガルは、リンガル矯正装置(裏側/舌側矯正)と表側のマルチブラケット装置を組み合わせた治療法です。
また、装置の組み合わせ方も複数通りあります。各種裏側矯正装置・各種表側矯正装置をそれぞれ選択して組み合わせて治療することが可能です。

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

4つ目にご紹介するのは「マウスピース型矯正装置」です。
マウスピース型矯正装置は各メーカーが製造しており、複数の種類があります。透明なマウスピースを自分自身で装着していただくことにより歯を動かす治療法で、「ワイヤーを使わない」「治療中でも装置の取り外しができる」のが特徴です。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • 見えない矯正歯科医院 大阪オルソ 谷木 俊夫先生
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック