CLIPPY-C [クリッピーC] 
 〜セラミック製の目立たないセルフライゲーションブラケット〜

CLIPPY-Cとは

CLIPPY-C[クリッピーC]は、歯をひっぱるワイヤーと、歯に固定するブラケットとの摩擦が少ない、セルフライゲーションブラケットの1つです。

従来のブラケットと比べて、ワイヤーとブラケットの摩擦抵抗が少なく設計されているため、歯が動きやすく、矯正治療中の痛みも軽減されるといわれています。

また、CLIPPY-C[クリッピーC]のボディは、セラミック製で、従来の金属製のブラケットと比べて、目立ちにくいのが特徴です。
クリッピーC主な特徴
  • 目立ちにくいセラミック製のブラケット
  • 摩擦が少ないセルフライゲーションブラケット
  • 治療期間が短縮し、治療中の痛みが軽減
  • 表側矯正

特徴1 痛みが少なくて歯が動きやすいセルフライゲーションブラケット

CLIPPY-C[クリッピーC]は、トミーインターナショナル社のセラミック素材のセルフライゲーションブラケットです。
セルフライゲーションブラケットとは、従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットを、ゴムや結紮線[けっさくせん (細い金属線)]で固定しないで治療を行えるのが特徴です。

ワイヤーとブラケットを固定するのに、細い金属線やゴムを使用しないので、歯ミガキがしやすくなり、衛生的にも優れたブラケットです。

ブラケット自体についている、開閉式のクリップ状の「ふた」がワイヤーを留めているため、ワイヤーとブラケットの間に若干の隙間、「ゆとり」ができます。

このワイヤーとブラケットのあいだにできる「ゆとり」が摩擦抵抗を少なくし、歯への負担と、歯を動かす障害が軽減されます。その結果、歯が弱い力でスムーズに移動できるようになり、治療期間のが短くなり、また、矯正治療中の痛みが軽減するいわれています。 【メリット】
・歯を動かすときの痛みが少ない
・治療期間が短縮できる。(従来より約20〜30%減)
・装置の装着時間が短縮できて来院時間が短くなる。 【デメリット】
・従来の装置よりも金額がやや高い

特徴2 外から目立ちにくいセラミック製のブラケット

ボディは半透明のセラミック製なので、金属性のブラケットと比べて目立ちません。
セラミックは、変色しにくい材料なので、プラスチック製のブラケットと比べて着色汚れの心配が少なです。
強度を保つために、ワイヤーを押さえるバネの部分は金属製ですが(金属キャップ)、白色系の金属『ロジウム』でコーティングしているので、目立ちにくいのが特徴です。

従来型の表側矯正、金属製のブラケットを比べると、ややコストはかかりますが、審美性に優れた上に、痛みの軽減とや治療期間の短縮に優れた矯正装置です。
資料提供
菅沼矯正歯科
院長 : 菅沼 與明

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック