外から見えない矯正装置 - 舌側矯正(リンガル矯正)・裏側矯正 -

舌側矯正装置[ぜっそくきょうせいそうち]とは

リンガル矯正
▲リンガルブラケット

歯の裏側につける、
外から目立たない矯正装置です

舌側矯正装置は、歯の裏側に装着して歯並びをキレイにする矯正装置で、「リンガル矯正(lingual:舌側)」や「裏側矯正」とも呼ばれています。
ワイヤーとブラケットを使った一般的な矯正治療は、歯の表側に矯正装置をつけて歯を動かしますが、舌側矯正装置は、外から見えない歯の裏側に矯正装置をつけて治療するので、他人に気付かれないように治療を行うことができます。

特殊な形状の矯正装置のため、舌側矯正装置の症例数が豊富で、技術をもった矯正歯科医院での治療が望ましいです。

【こんな人に向いています】
舌側矯正は、通常の矯正治療と同様に年齢制限はなく、子供から大人の方まで可能です。外から見えない装置なので、矯正期間中の心理的ストレスも軽減します。今まで歯並びを治したかったけれども、歯の表側に装置を付けることに抵抗があって躊躇していた方や、トランペットなどの吹奏楽器を演奏している方にとって、メリットが大きい装置です。

【表側矯正との比較】
費用を比較すると、裏側矯正装置のほうが若干高くなります。外から見えない特殊な構造で、舌側に装置を装着する技術が必要なため、表側矯正より費用がかかります。
治療期間と治療結果については、舌側矯正も表側矯正も変わりはあません。治療後の歯並びの仕上がりもまったく同じです。咬み合わせによっては、表側の矯正よりも早い場合があります。
また、歯の表側にブラケットを接着しないので、歯の表面のエナメル質を傷つけることがありません。

【装着感】
装置が歯の裏側(舌側)に着くため、装置を装着したはじめの頃は、発音がしにくかったり、お口の中に装置があることが気になりますが、おおよそ2週間〜4週間ほどで慣れてきます。
※個人差はあります。

【矯正期間中の注意点】
虫歯や歯周病を予防するためにも、表側矯正、舌側矯正に限らず、定期的な来院と正しいブラッシングは必要です。 裏側装置に適したブラッシング方法があるので、矯正歯科医院の専門のスタッフの指導をうけて、しっかりブラッシングしましょう。
食事についての注意点は、硬い煎餅などは細かく割って奥歯で噛むようにして、装置に着きやすいキャラメルやお餅などは避けます。

舌側矯正装置の装着写真

 ▲ 上顎の裏側に装置を付けます    ▲ 正面からは全く見えません
資料提供
ひらの矯正歯科
院長 :平野 正芳
日本矯正歯科学会認定医

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター