マルチループアーチワイヤー(MEAW)について

マルチループアーチワイヤー(MEAW)とは

MEAW(マルチループアーチワイヤー)
▲ MEAW (マルチループアーチワイヤー)

マルチループアーチワイヤーの「MEAW」とは、Multiloop Edgewise Arch Wire という英語の頭文字をとったものです。「ミュー」または「ミョー」と呼ばれ、ループ(輪)を使って自由に歯を動かすことができるワイヤーという意味です。

特長

マルチループという輪の形に曲げられたアーチワイヤーを使用し、歯のでこぼこや、傾き、ねじれに沿って1本1本ループを調整していきます。小さなループが歯1本1本に対応しているため、歯の移動をコントロールしやすい装置です。

MEAWと従来の装置との違い

MEAW(マルチループアーチワイヤー)は、「オーストリア咬合学」という噛み合わせの概念を組み合わせて行います。

■歯を抜かずに治療する

歯が並びきらない場合、従来の治療法では抜歯をしますが、MEAWを用いた場合、歯を支える顎の骨自体を矯正治療しながら大きくしたり、歯を後ろに動かしたりしてすき間を作っていき、歯が入るようにします。ループを使って歯を1本1本ゆっくりと動かしていくことができるため、無理な強い力がかからず歯を抜かない矯正治療が可能となります。


■従来の矯正治療に比べて治療期間が短くなるケースがある

MEAWを用いた場合の治療期間は、早い場合は6ヶ月から1.5年、治療期間の長い患者様でも2年程度といわれ、歯並びの状態によっても治療期間に違いがでてきます。従来の装置と比べ期間が短い理由としてその多くはワイヤーの形によるものです。


■噛み合わせのバランスを整えやすい

従来は、顎の骨の位置を確認するためにレントゲン撮影を行いますが、MEAWを用いた場合は、それに加えて「アキシオグラフ」とよばれる顎の動きや噛み合わせをシミュレーションする検査も行います。MEAWは、歯を前後上下に動かすことができるため、見た目の美しさだけでなく全体の噛み合わせのバランスを整えることが可能となります。

患者様の症状に合わせて、1本のワイヤーからマルチループワイヤーの形をオーダーメイドで作るため、専門の技術と豊富な経験を持った医師のもとで治療を受けることが望ましいでしょう。


制作 : 矯正歯科ネット


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ
歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック