[小児矯正]機能的矯正装置を使った上顎前突(出っ歯)の治療

上顎前突上顎前突は、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりする状態を言います。
俗称で「出っ歯」と言われています。
前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因と言われています。

出っ歯の噛み合わせは、下記のような様々な原因が考えられます。

  • 上あごが前に出ている
  • 下あごが小さい
  • 上の前歯が前に出ている
  • これらの組み合わせ

大半は下あごが小さいお子さんがほとんどです。
この場合は、下あごができる限り前方に成長してくれるように、治療補助することが大切です。

下あごの成長は、身長がぐんぐん伸びる時期とほぼ同じ時期なので、それ以前から治療を開始しておく必要があります。さらに、歯とあごの大きさのバランスが悪い場合も多く、でこぼこに対する治療も一緒に行わなければうまくいかない場合もあります。

子供に使用する装置の例

機能的矯正装置

バイオネーターツインブロック
▲ バイオネーター▲ ツインブロック

機能的矯正装置は、口の周囲にある筋肉や舌の機能的な力を利用して、上下のあごの位置のバランスを改善する装置で、特に下あごが小さい出っ歯の治療に有効です。

通常は、夜寝ているときに使用します。この装置は下あごが大きく伸びる成長期に使用しないと効果があまりありません。
また、細かい歯のでこぼこを治すことには適さないため、歯並びによってはワイヤーによる矯正治療に移行することが必要な場合が多くあります。

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター