[成人矯正] マウスピース矯正装置とは

透明で取り外しのできる新しいタイプの矯正装置

叢生装置(アライナー)の交換で治療する

マウスピース矯正装置は、取り外しができる透明なマウスピース型の矯正装置(以下、アライナー)です。
上顎または下顎それぞれの歯列全体を包み込む形をした新しいタイプの装置です。
複数の種類があり、メーカーによって製造の流れや交換頻度、材質が異なる場合がありますが、いずれも自分で簡単に装着・取り外しができて、軽くて目立ちにくい材料・形状なのが特徴です。

治療計画通りに歯を動かすには、毎日20時間以上(種類により異なる)の装着が必要ですが、食事や歯磨きのときなどの短時間の取り外しは可能です。

※写真:マウスピース装置を装着している模型。写真のように目立ちにくい装置です。

マウスピース矯正の特徴

1.従来の装置よりもストレスや負担が少ない装置

  1. 透明素材で装着中も目立たない
  2. 非常に薄い素材で不快感減少、発音を妨げない
  3. 通院回数減少 (1〜3か月に一度の通院。)※
  4. 歯の移動距離をコンピューターで計算しているので痛みを生じる心配が少ない
  5. 取り外し可能なので食事の制限なく好きなものを食べられる(にワイヤーを使用する装置では、破損を防ぐために、硬いもの、厚みのあるもの、粘つくものは極力避けて頂いております。)
  6. 通常、一度の歯型採りで治療完了までの装置を製作可能※

2.衛生面の特徴・メリット

  1. 取り外し可能なのでしっかりとハミガキやフロスができる
  2. 取り外し可能なので装置の洗浄ができる
  3. 装置は2週間毎に次の新しい装置に交換※

3.矯正治療以外に広がる用途

  1. 装置を利用してホーム・ホワイトニングやフッ素塗布が可能
  2. 歯ぎしりのある方は歯の削れ(咬耗)を予防
  3. スポーツ時の簡易的なマウスガードとしても対応※
  4. 顎関節症の方にも効果的 (個人差があります。)※

4.その他

  1. 非金属製のため金属アレルギーでも使用できる
  2. 1つのアライナーを紛失した場合でも、ステップを1つ戻したアライナーを代用できるので再製作や歯型の再採取をしなくて良い場合がある (過去に使った装置は大切に保管しておくとよいでしょう。)※
  3. 通院回数減少 (1〜3か月に一度の通院。)※
  4. 3Dシミュレーションソフトを通じ、治療前から治療完了までの歯の動きを確認できる※
※マウスピース装置の種類・メーカーにより異なる場合があります。
石亀院長先生
資料提供
銀座ハート矯正歯科
院長:石亀 勝

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ
歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • 見えない矯正歯科医院 大阪オルソ 谷木 俊夫先生
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック