矯正治療中の食事で注意すること(動画)

動画解説 「食事中などに注意する点について」

矯正治療で矯正装置装着中の注意点ついて動画でご紹介します。
「食事中などに注意する点について(裏側に装着する装置の場合)」
アップル歯列矯正歯科 自由が丘  院長 : 斎藤 安弘

矯正装置装着中の食事の注意点

ナッツや硬いおせんべい等のように咬む時に衝撃の強い食べ物は避けた方が良いでしょう。矯正装置の種類は材料によっても、取り扱い方法や注意事項が異なりますので、事前に担当医の説明を受けましょう。

注意が必要な食べ物

  • 硬い食べ物(ピーナッツ、せんべい、氷など…)硬い物を、思いきり噛んだりすると、その衝撃で矯正装置が外れたり、破損する場合があります。矯正を始めたばかりの時は、物を噛むと多少の痛みが出るの で、おかゆやうどんなどの柔らかい食事にしましょう。
  • 色素の強い食べ物(カレー、スパゲッティー、キムチなど…)矯正治療自体に影響はありませんが、色素の強い食べ物は、矯正装置のゴムが変色してしまい、より矯正装置が目立って見えてしまいます。透明や白いブラケットの場合も材料によって変色しやすい装置があるので、担当医に確認しましょう。
  • ネバネバした食べ物(おもち、ガム、キャラメル、アメなど…)ネバネバした食べ物は、装置にくっついてしまい、装置が外れたりする原因になります。食べる場合は、小さくする等の工夫をすると良いでしょう。
  • 歯に詰まる食べ物(ポテトチップ、ビスケットなど…)歯に詰まりやすい食べ物は、歯の間や歯と装置の間に挟まり、虫歯や歯周病の原因となります。食べたあとは必ず歯を磨き、歯に詰まったものは歯間ブラシやデンタルフロスで丁寧に磨きましょう。
※使用する装置や接着材等によって異なります。

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
  • ピュアリオ 歯科・矯正歯科 慶應三田院 湊 寛明先生
村田歯科 横浜矯正歯科センター